2023.03.22

「位置情報」データが店舗経営にもたらすメリットとは?位置情報を活用したマーケティング

現在ではスマートフォンの普及やセンサーの発達などの背景から、位置情報をデータとして取得する機会が増えています。位置情報は特に実店舗を持つ企業の集客を効率化、成長させるための重要なデータの1つです。

位置情報の取得方法にはいろいろあるので、その方法を使い分けながら上手くメリットを受けられるように施策を実行することをおすすめします。

今回は位置情報データの取得方法や注目される背景、メリットや活用方法などをご紹介します。

【合わせて読む】

”今”、自社アプリが必要な理由!アプリの市場の動向を解説
アプリ導入のメリットと成功事例|店舗アプリで人気の機能ランキング
ファンベースマーケティングが重視される理由と成功ポイント

 

位置情報データは店舗でどう活用できるのか?注目される理由

 

まずは位置情報データに関する概要や、注目される背景等を解説します。

 

スマートフォンなどの携帯機器から得られる位置情報とは

 

位置情報とは、主にスマートフォンといった携帯機器から得ることのできる「顧客が今いる場所の情報」です。

顧客がいる場所データとして取得することで、さまざまなマーケティングへ活かすことができます。

顧客の位置情報は、

  • Web広告の出し分け
  • 行動履歴から集客の予測を立てる
  • 店舗集客用のクーポンやキャンペーン情報などを発信する

といった用途で使われており、利用する企業は増え続けています。

 

 

位置情報を取得する方法の種類とは

 

位置情報には、主に次のような取得方法の種類があります。

 

GPS

GPSは「Global Positioning System」の略称です。GPSをONにすると宇宙上にある衛星から座標情報がスマートフォン上へ送信されるので、それをマーケティングシステム上で収集することでデータを得られます。

GPS衛星は複数体が宇宙を周回しており、衛星同士が連携することで正確な座標情報を取得することが可能です。位置や時間のずれなどを補正しながら、より正確な位置情報を送信します。

GPSはどんな場所にいても顧客の所持端末における関連機能がONになっていれば収集可能なのがメリットです。ただし天候が悪かったり、トンネルといった遮蔽物が多い地域にいたりすると精度が下がってしまうのがデメリットになっています。

 

ビーコン(beacon)接触データ

ビーコンとは「情報発信機」のことで、丸型だったり四角だったりと形はさまざまですが現在では小型化されています。あくまでデータを発信することがメインとなっており受信することは考えられていないケースが多いですが、顧客の端末と接続してマーケティングデータを送信できるのがポイントです。この際顧客端末のBluetooth機能がONになっている必要があります。

ビーコンは店舗付近や店内といった場所へ設置することで、近くを通過した見込み顧客へクーポンやキャンペーン情報などを発信できるのがメリットです。リアルタイムで来店見込みの高い顧客を来店へ誘導することができます。ただし通信距離が短くBluetooth機能がOFFだと作動しない点はデメリットです。

▼合わせて読みたい
ビーコンを使った位置情報マーケティング!最新技術とその内容

 

Wi-Fi接触データ

GPSやビーコン以外にも、Wi-Fiで顧客の端末から位置情報を取得する方法もあります。他企業や店舗が設置しているWi-Fiスポットとも連携しながら顧客の大体の位置を割り出して取得可能です。

Wi-Fiスポットは現在では至る所へ設置されており、顧客がスポットが用意されている場所を通過すれば簡単に位置情報を取得できるのがメリットとなっています。また精度もそれなりに高く、細かく情報を出し分けることが可能です。ただし端末のWi-Fi機能がONになっていないと活用が難しくなりますし、Wi-Fiの通信距離が短い点にも注意する必要があります。

 

 

位置情報が注目されている理由

 

位置情報が注目されている理由は次の通りです。

 

スマートフォンの急速な普及

位置情報が注目されている理由の1つに、スマートフォンの急速な普及があります。

従来は顧客と通信できる携帯端末の数は限られていましたが、スマートフォンがインフラとして普及したのに合わせて位置情報の取得ハードルも低くなりました。スマートフォンにはWi-FiやBluetooth、GPSなどさまざまな位置情報に関する通信機能が付いているため、企業としてはこういった通信機能から適切な方法を選定してマーケティングへ活用できるようになっています。

さらにスマートフォンからはユーザーの会員情報やWebサイト・アプリへのアクセス履歴など、多種多様なインターネットデータが収集可能です。こういったインターネット上のデータを位置情報というオフライン関連のデータと組み合わせることで、精度の高いマーケティングが実現できます。

 

位置情報取得技術の発展

位置情報取得技術はもともと、飛行機といった乗り物の位置情報把握など、使われ方が限定的で一般にまで普及していませんでした。

それが前述のスマートフォンの普及や、自動車といった一般で使われる乗り物へのGPS搭載ケースが増加したといった背景によって変わっています。

現在では1人1人の位置情報を、企業が取得してマーケティングへ使えるようになりました。また取得に必要な機器や技術に関する整備コストも減少しており、中小規模の企業でも気軽に位置情報を活用したマーケティングが導入できるようになっています。

将来的にはIoTといった技術の普及によって、より細かいタイミングや場所を特定してのマーケティングが可能になると思われます。

ただし、情報の漏洩や過剰な取得、活用はプライバシー面で避けるべきであるという点には注意しておきましょう。

 

消費者が受け取ることができる情報量には限界がある

情報社会となり消費者は至る所でデータを受け取るようになりました。しかし、情報の取得頻度が上がったことにより、

  • 質の低い情報は嫌われる
  • 過剰な情報提示は顧客離脱に繋がる

といったケースも増えています。

情報が洪水のように押し寄せる現代では、一度に消費者が受け取れる情報に限度があるのを理解しながら適切な情報を届けなければいけません。タイミングや場所なども調整しながら情報を送信することで、タッチポイントで情報を提示する際の価値が向上します。

消費者の現在位置が把握できる位置情報は、こういった情報の提示タイミング・場所まで加味したマーケティングが実現できるため近年注目されるようになりました。

 

Cookie規制

Web広告業界では、特にCookie規制が話題となっています。今まで複数の広告プラットフォームでユーザーのターゲティングへ活用されていた共有Cookie(サードパーティーCookie)が主な規制の対象となっており、従来の広告ターゲティングの仕組みが通用しなくなりました。このCookie規制の取り組みは大企業の施策としてだけでなく法律としても動いており、広告を活用している企業では早急な対策が求められています。

規制の対応策の1つとして、位置情報は活用できます。まだCookie規制と比較すると制限度合いが低いので、細かいターゲティングを維持しながら施策を実行できるからです。

ただし、位置情報はあくまでCookieと同じような個人情報を特定できかねない情報の1つであり、今後厳しい規制が発生するリスクがある点は頭へ入れておきましょう。

 

 

位置情報データは店舗集客に活用できる

 

前述した通り、位置情報データは店舗の集客へ活用できます。

  • お店の付近を通った顧客へクーポンを送付してすぐ使ってもらう
  • シーズンといった内容によってどのくらい集客数が違うのか確認する
  • 店舗付近へよく寄っている顧客へ広告を発信する

位置情報の強みは、「オフラインのデータを取得してオンライン上での施策へ活用できること」です。

従来は困難だった、ユーザーが今どこにいるのかを基点としたマーケティングが実現できます。従来は集客情報などをアナログで何となく把握していた企業・店舗でも、データをベースとして緻密な施策立案等が実行できるでしょう。

位置情報ならではのデータ特性や活用方法まで理解して、継続的な企業成長を達成してみてください。

 

 

位置情報が店舗にもたらすメリット

 

位置情報が店舗へもたらしてくれるメリットは次の通りです。

 

位置情報をもとに情報発信できる

 

位置情報をベースとしてマーケティングを実行することで、

  • 自社商圏内
  • 店舗付近
  • 店内

といったさまざまなオフラインのタッチポイントを顧客へ提供できるようになります。

競合商品が多くシェアを維持・成長させるのが以前より難しくなった現在では、「顧客が商圏や店舗の付近にいる」ことは重要な差別化ポイントです。位置情報を基にジオ・ターゲティングを行うことで情報提供の機会を確実につかんで活用できます。

また、店舗の混み具合などをリアルタイムで発信し、来店できそうなタイミングで顧客のスマートフォンに通知を送るなど、せっかく来店機会ができたのに何もせず顧客が帰ってしまう機会損失を防げる施策まで実行可能です。

 

 

オンライン施策の効果測定ができる

 

企業や店舗では、

  • クーポン
  • キャンペーン情報
  • Web広告
  • SNS投稿
  • Webサイト情報発信

といったさまざまなオンライン施策を実行しているはずです。

こういった施策の効果測定を確実にするためにも、位置情報は重要です。位置情報を取得することによって、

  • 店舗付近の通行具合
  • 店内への集客具合
  • 滞在した時間

までデータとして分析することが可能となります。

こういったデータは施策をいつ実行すべきか、あるいはいつ停止すべきかなどを判断する材料となるでしょう。

また各オンライン施策が店舗への集客や滞在時間などにどのくらいよい影響を与えているのかを、地理情報の観点から分析できるのもポイントです。

施策に掛かった時間やコストなどに加えて地理情報まで検討することで、今後各オンライン施策を継続すべきか否かの適切な判断がしやすくなります。

 

 

コスト管理がしやすくなる

 

位置情報の取得によってジオ・ターゲティングが実行できるようになれば、無駄な情報の提示頻度を下げることができます。

Web広告といったオンライン施策では、見込みでない顧客にまで情報が表示されてしまうリスクがあります。無駄なコストを削減を削減するためには、見込み客だけにターゲットを絞って広告配信することが重要です。

位置情報を活用すれば、「店舗付近にいる」といった来店見込みの高い顧客へピンポイントに情報を発信できるようになります。特に地域へ根差した商品・サービスを提供している店舗では、商圏外の顧客にまで情報が提示されてしまうリスクを減らして集客へつなげやすくなるので、同時にコストまで削減されて適正化されます。

また位置情報を基にした情報発信頻度の調整によって顧客離脱といった収益損失まで防げるのも、結果的にコストの削減へとつながるでしょう。

 

 

位置情報を使ったマーケティング手法

 

ここからは、位置情報を使ったマーケティング手法をご紹介していきます。

 

店舗を訪れたユーザーにリアルタイムで情報発信

 

たとえばアプリプラットフォーム等を使って自店舗専用のアプリを用意しておけば、位置情報をスマートフォンのGPS、Bluetooth機能などと連携することで取得できます。アプリから位置情報を取得することで、店舗付近にいるタイミングで自動的に情報を送信することが可能です。キャンペーンやクーポンなどの情報を掲載することで、適切に集客ができます。

アプリで位置情報を活用する場合、プッシュ通知が使えるのもポイントです。顧客がスマートフォンの新着情報へ気づきやすいプッシュ通知を使うことで、せっかく店舗付近にいたのに寄ってくれなかった、といった機会損失が減るでしょう。

 

 

特定エリアのユーザーに広告配信

 

東京都の一部区や大阪市内の一部地域など、どこを商圏としているのかは店舗ごとに異なります。

商圏内の顧客へできるだけ重点的に情報を発信できるようにすると業務負担削減にもなるでしょう。

たとえばWeb広告を配信する際、顧客年代や趣向といった項目に加えて居住地域、よく通行する地域などの情報を追加することで特定エリアの顧客をターゲットとした広告が配信されます。商圏外の顧客には情報が発信されにくくなるので、広告の掲載効果が上がります。

 

 

自店舗や競合の地理情報を分析する

 

位置情報では、競合となる店舗の地理情報まで取得できます。これによって、

  • 自店舗と競合店舗にどれくらい集客力の差があるのか
  • 競合へ来店している顧客属性はどうなっているのか
  • どのタイミングで情報を発信すれば競合と差別化ができるのか

といった競合を比較に用いたジオマーケティングまで実現可能です。

競合店舗を分析して差別化ポイントを特定することで、自店舗が集客において埋もれてしまうリスクを減らし効率よく集客ができるようになります。

 

 

まとめ

 

今回は位置情報データの取得方法や注目される背景、メリットや活用方法などをご紹介しました。

位置情報をスマートフォンといった端末から取得することで、顧客が今いる場所をある程度特定しながら情報発信や出し分けなどが実現できます。ただし、位置情報は個人情報特定にもつながりかねない項目なので、IoTの発達といった今後の技術進化が与える影響なども考えて適切に取り扱いを行いましょう。

位置情報とアプリの相性はよいので、ぜひアプリマーケティングを実現する際には位置情報を活用してみてください。

 

活用事例検索
業種カテゴリー
集客事例カテゴリー
関連活用事例
新着活用事例
一覧へ戻る

Contact

資料請求・ご相談・お見積り!

お気軽にお問い合わせください。
オンラインで専門スタッフが丁寧に貴社のニーズに寄り添って
詳しくご説明いたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ