2022.08.29

多店舗経営の課題はデータ管理や分析、業務効率化|アプリ導入でまとめて解決

数店舗でも数十店舗でも、多店舗経営をしているとさまざまな課題が出てきます。

店舗ごとのデータを一括で把握しながら、店舗に応じたマーケティングができるかがカギです。多店舗経営の課題解決にも、アプリが役立つ点を知っておきましょう。

多店舗経営で発生する課題やアプリでどうやって解決できるのか、また実際に解決できた事例などを紹介します。

データの集約などがネック!多店舗経営の課題とは

 

多店舗経営を成功させるためには、次のような課題を把握してクリアしないといけません。

 

売上や顧客データなど各店舗の情報を集約しづらい

多店舗経営では、店舗ごとに

  • 売上
  • 顧客属性
  • 来店頻度
  • 購入された商品

といったデータが蓄積されていきます。

単店舗であれば各データをその店舗で分析すればよいですが、多店舗経営の場合は、

  • 店舗ごと
  • 中央経営層

といった2種類のデータ利用者がいるので、上手くデータを活用する体制を構築する必要があります。

たとえば店舗ごとに計測ができても中央経営層にデータが届かないと、店舗ごとの業績判断や今後の経営方針指示などができません。また中央経営層のみがデータ分析をしようとしても、負担が大きく店舗ごとにデータ分析の意義が浸透しにくくなります。

そこで多店舗経営を成功させるためには、

  • 店舗ごとにすぐデータをその場で確認できる
  • 統合されたデータを中央経営層がすぐ確認して判断ができる

といった点をクリアしたシステムの導入が必須です。

 

キャンペーン施策の管理が難しい

たとえば多店舗経営の場合、

  • 店舗ごとの限定キャンペーン
  • 店舗全体での大掛かりなキャンペーン

の2種類が発生し、それぞれにおける課題は異なります。

店舗ごとの限定キャンペーンでは、経営層が対象店舗の現場にキャンペーン内容を周知する必要がありますが、伝達を誤り違う店舗にキャンペーンの内容を伝えてしまった、などのトラブルが発生するリスクがあります。

また店舗を限定しない全体的なキャンペーンでも、経営層が各店舗オーナーへと周知する必要がありますが、伝達漏れが発生して一部店舗がキャンペーンを知らないまま当日を迎えてしまう、といったトラブルを防がないといけません。

キャンペーンのタイミングを店舗ごと、全体といった範囲ごとに上手く分割しながら把握し、適切に伝達するためにはアプリといったツールの活用が重要となってきます。

 

店舗に応じた適切な情報配信がしにくい

多店舗経営では、店舗に応じて必要な情報をユーザーへ伝達する必要があります。

ただし伝達の際、

  • 関係ないユーザーに情報を伝達してしまう
  • 誤った店舗の情報を掲載してしまう
  • 店舗ごとに配布タイミングの違うクーポンをまとめて配布してしまう

といったトラブルが起きる可能性は否定できません。

アナログな方法だと情報の誤送信などが起きやすくなり、店舗ごとに上手くデータを分析して活用するのも難しいです。

適切な情報配信にはデジタルツールの活用が重要ですが、特にスマートフォンユーザーへ配信を行う際はアプリの活用が重要となります。

 

店舗全体でDXをまとめて進めるのが難しい

現在、経営効率化や将来的なデジタル技術への対応のため「DX」が急務となりました。企業の分野に限って言えば組織体制まで含めた改革と表現できるDXは、多店舗経営においても重要です。

しかし、多店舗経営では、単店舗経営よりもDXが簡単ではありません。

  • 一部店舗だけが独自でデジタル施策を打っても他店舗へ浸透しなければ意味がない
  • 店舗全体でまとめてDXを行うためには工夫が必要
  • それぞれの店舗、現場でDXに関する理解を深めておく必要がある
  • 店舗ごとにDXを実行する担当者が必要

といった要因があるので、簡単にはDXを浸透させることはできないでしょう。

まずは経営層が、DXを短期間で浸透させられるような施策を事前に練っておく必要があります。

 

デジタル資産を上手く活用できない

デジタル資産には、

  • Webサイト
  • SNS
  • メール

など、さまざまな種類があります。しかしすべてを効率よく管理するためには、適切な人員配置やデジタルツールの機能活用による作業効率化が重要です。

特に多店舗経営では、

  • Aの店舗だけWebサイトを開設している
  • Bの店舗だけSNSで投稿している
  • Cの店舗だけメールでリピーターを促進している

といったばらつきが起きやすく、一部店舗が独自の判断で上層部に伝えず「シャドーIT」をしてしまうリスクも抱えてしまうのがネックです。

要は資産を上手くまとめて、可視化するための中心となるものが必要となります。

 

 

データをより活用するために|自社アプリ導入で多店舗経営の課題を解決

 

自社アプリ導入によって、多店舗経営では次のようにして課題解決を行えます。

 

店舗ごとの情報を一括で管理できる

自社アプリには、CRM機能を搭載可能です。

CRM機能を使うと、

  • 重要な分析ポイントをダッシュボードで把握できる
  • 条件に応じたデータの抜き出しが可能
  • ユーザーの行動データを可視化して確認できる

といったメリットが得られます。

大まかなポイントをダッシュボードで確認しながら、

  • 全体的なキャンペーンの結果はどうなっているか
  • 店舗ごとの売上業績はどう推移しているのか
  • 店舗ごとに来店ユーザーの属性にばらつきが出ているか

といった点を把握して施策へ活かせるようになります。

攻めのデータ活用をするには、データ収集や絞り込み、重要なポイント把握などの業務を効率化して施策立案のための時間を確保することが重要です。

アプリによって多店舗経営でも攻めのデータ分析・活用が可能になり、店舗の成長へつながります。

 

キャンペーン施策の管理が簡単になる

アプリを使えばキャンペーン施策実行や管理も楽になります。

先ほどお伝えしたようにキャンペーンに関するデータもダッシュボードや個別画面で分析が可能になり、キャンペーン自体の周知も楽になるでしょう。

たとえば全体のキャンペーンでは、事前にバナーを作っておき予定日時に自動公開されるように調整できます。公開されるまでに変更があれば柔軟に対応できますし、事前にバナーを作ってアプリ内でキャンペーンを告知できるように予約しておけばユーザーへの伝達ミスも防げるでしょう。

またお気に入り店舗機能などを使って、店舗ごとのキャンペーン通知も都度送信可能。全体キャンペーンも店舗限定キャンペーンも、両方効率よく管理できるのがアプリのメリットです。

 

店舗に応じた適切な情報配信ができる

アプリにはお気に入り登録機能があります。

たとえば、

  • Aの店舗をお気に入りにする
  • B、Cの店舗をお気に入り登録する

といったように、ユーザーは居住地域やよく来店する店舗などに応じた対応が可能です。

お気に入り登録した店舗の分だけ、有益な情報が届くように調整できます。

たとえばクーポンでは、

  • 1週間以内で使えるA店舗限定無料クーポン
  • 3日以内に使えるB、C店舗対象商品半額クーポン

といった細かいクーポンの出し分けをしたり、ポイント2倍セールといった情報も店舗ごとの開催可否に応じて通知したりなど、柔軟な対応ができます。

さらに営業日の通知といった来店に関する情報も、素早く店舗に応じて発信できるのもメリットです。アナログでの情報管理だとアプリのように細かい情報の出し分けは難しいでしょう。

 

店舗全体でDXをまとめて進められる

アプリには、

  • 来店周期に応じた情報配信
  • 重要な情報のオートプッシュ配信
  • ターゲティングの自動化
  • カード・スタンプのデジタル化
  • 予約・テイクアウトなどの機能統合
  • アンケートの配布・回収
  • サブスクリプションの提供

といったさまざまな機能が搭載されています。

各機能を必要に応じて利活用できれば、店舗全体のDXにつながるでしょう。

たとえば飲食店においてチケット形式を用い、アプリ内でサブスクリプションサービスを提供している事例があります。ユーザーは月額や年額などでチケットを購入して、指定商品の食べ放題などを利用できる仕組みです。サブスクリプションをアプリで提供できれば、気軽にビジネスモデルを転換・追加できます。

こういった施策によって、ゆくゆくはデジタル基盤で事業が動くように調整できれば「2025年の壁(年間最大12兆円の損失が日本で起きるという、経済産業省による情報)」を乗り越えることもできるでしょう。

 

デジタル資産をアプリを起点に活用できる

  • 自社の店舗において、スマートフォンを使って決済等を行うユーザーが多い
  • スマートフォンをよく使う若年層がメインの店舗である

といった条件に該当する場合、デジタル資産をアプリにまとめるのが有効です。

Webサイトやメールなどさまざまなデジタルコンテンツがありますが、スマートフォンユーザーにとってはアプリが一番触るコンテンツとなります。

アクティブ率を増加させながら各コンテンツをアプリ基点で提供できれば、大きな成果が得られるでしょう。

たとえばアプリ内で、

  • SNS投稿のチェック
  • Webコラム、レシピの確認
  • 商品画像や詳細の確認

といったことができるのは当たり前になってきています。

アプリ内では他にも、

  • EC
  • 決済

といった各サービスとの連携が可能です。アプリ内に直接組み込めなくてもスムーズに各サービスへの動線を貼れるので便利です。

このようにアプリを起点として、コンテンツを提供できるようにすればコンテンツが散らかって把握しにくくなるという多店舗経営の欠点も防げるでしょう。

 

 

店舗アプリDX版raitenの実績を紹介!自社アプリ導入で課題解決ができた事例とは

 

ここからは自社アプリ導入によって、多店舗経営における課題解決を達成した事例を紹介します。

 

うまい鮨勘

回転寿司等のチェーンを経営している「うまい鮨勘」は、「店舗アプリDX版 raiten」を使っています。

「うまい鮨勘」では以前からDXの強化を経営課題として認識していましたが、既存のデジタルコンテンツの使い分けや連携などをハードルに感じており、推進できない状況でした。

そこでコストと機能面でバランスを考えて店舗アプリDX版 raitenを導入。

アプリ導入後はエリア別のプッシュ通知を上手く使いながら情報伝達を確実なものにしています。またテイクアウト、スタンプといった機能の統合による施策効率化なども実現しました。

分析ダッシュボードから細かい施策の結果などを把握し、さらなる施策へ活用することも行っています。

うまい鮨勘

iOSはこちら・Androidはこちら

 

WonderGOO&新星堂

ゲームソフトなどを取り扱う「WonderGOO&新星堂」でも、「店舗アプリDX版 raiten」を利用しています。

「WonderGOO&新星堂」は、従来のメルマガ配信において開封率の悪さなどが目立ってきており、ポイントカードをチェーン全体でアプリへ組み込み、案内やお得な情報をリアルタイムに届けたいと考えていました。

「店舗アプリDX版 raiten」を導入し、プッシュ配信などを積極的に活用。結果として、購買感度の高い顧客からの高評価を獲得しました。またクーポン画像の提示のみで特典を受けられる仕組みも好評のようです。

さらにオンラインショップへの導線まで考えて設計したことで、EC利用者の増加にもアプリが貢献しています。

WonderGOO&SHINSEIDO

iOSはこちら・Androidはこちら

 

にしてつストア

スーパーマーケットとして福岡県などで有名なチェーン、「にしてつストア」も「店舗アプリDX版 raiten」を利用しています。

従来の紙のチラシに関してコストパフォーマンスを気にしており、効果が可視化しやすく今の時代に合ったスマートフォンでのデジタル戦略を考えていました。

そこで実績もありコスト面でも気に入った店舗アプリDX版 raitenを導入。

成果としては、

  • プッシュ通知開封率が約30%
  • スタンプカードで1カ月以内に10回来店する顧客が利用者の33%以上

といった効果を得られました。

反対意見もある中、アプリ導入に踏み切りったようですが、ビックデータとの連携性やコスト削減の面などで今後もDXのメインとなるツールとなっているようです。

にしてつストア

iOSはこちら・Androidはこちら

 

まとめ

 

今回は多店舗経営の課題やアプリでどう解決するのか、そして実際の解決事例などを紹介しました。

多店舗経営におけるデータ集約や通知の出し分けなどの問題は、アプリによってまとめて解決できます。ぜひスマートフォンユーザーが多い店舗ではアプリを活用して、上手く業務効率化、コスト削減などへつなげてみてください。

店舗アプリDX版 raitenでは、低コストで満足いただけるアプリを提供しています。集客の基点となるアプリを開発・運用に興味がある方は、ぜひこちらにお問い合わせをくださいませ。



活用事例検索
業種カテゴリー
集客事例カテゴリー
関連活用事例
新着活用事例

Contact

資料請求・ご相談・お見積り!

お気軽にお問い合わせください。
オンラインで専門スタッフが丁寧に貴社のニーズに寄り添って
詳しくご説明いたします。

お電話でのお問い合わせ

0800-888-2794

受付時間 平日9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ