販促のためのアプリって?成功事例やその導入方法をご紹介。【2018年版】

 

このブログは、店舗経営・企画販促の皆様のスマホの販促に関して、本当の価値ある販促手法などを記載させていただきます。

飲食店・美容室・スーパー・ドラックストア・小売店・アパレル・スクール・など様々な店舗経営・企画販促の方
いつも販促のお悩みが絶えませんよね?

昨今では特に、若年層を中心にSNS「Twitter」、「instagram」、「facebook」など、重要な販促ツールになっていますよね。
大切なのはご存知のとおりです。
「集客」のための販促、と一言で言っても様々な方法やチャネルが存在します。

今回は、沢山ある「販促ポータルアプリ」の背景やそれを前提にした「では、どう店舗集客に活用するの?」をご説明いたします。

 


目次
2018年 飲食グルメ・美容サロン系雑誌掲載 来店コスパ 20,000円前後
2018年 飲食グルメ ネット広告ポータルサイト 来店コスパ 14,000円前後
2018年 美容サロン系 ネット広告ポータルサイト 来店コスパ 28,000円前後
チラシの来店効果は、不透明。
・ノウハウ戦略のないSNS運用では、難しい。逆効果になりうる。

・店舗アプリ導入後の来店単価事例
・まとめ

販促アプリ・ポータルサイトってたくさんありますよね。

飲食向けなら、「食べログ」「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」「Retty」「一休.com」「ヒトサラ」など
美容室向けなら「ホットペッパービューティー」「エキテン」「ビューティーパーク」「楽天ビューティー」など。
アパレルなら「ZOZOTOWN」「apparel-web.com」など
スーパーなら「shufoo!モール」「shufoo!アプリ」「チラシアプリ」「スプマ」など。
スクールなら「EPARKスクール」「ケイコとマナブ.net」「習い事情報ナビ」など。

販促アプリ・ポータルがない業種はないのではないでしょうか?

では、各業種の掲載料と費用対効果はいかがでしょうか?

2018年11月現在の弊社独自のアンケート調査データですので多少誤差はございます。

 


2018年 飲食グルメ・美容サロン系雑誌掲載 来店コスパ 20,000円前後
雑誌広告

某有名ビューティ雑誌  20万部 1/4P 40万 新規客数20名 1名新規コスト20,000円
某有名グルメ雑誌 20万部 1/4P 12万 新規客数6名 1名新規コスト20,000円

2018年 飲食グルメ ネット広告ポータルサイト 来店コスパ 14,000円前後
 飲食店
 ・媒体A  月間掲載料    50,000円    来店数 5人  1人来店コスト  10,000円   
 ・媒体B  月間掲載料   100,000円    来店数 7人  1人来店コスト  14,285円   
 ・媒体C  月間掲載料   200,000円     来店数 15人  1人来店コスト  13,333円   

  2018年 美容サロン系 ネット広告ポータルサイト 来店コスパ 28,000円前後
微笑サロン
 ・媒体A  月間掲載料  400,000円    来店数 15人     1人来店コスト  26,666円   
 ・媒体B  月間掲載料  700,000円    来店数 25人     1人来店コスト  28,000円   
 ・媒体C  月間掲載料  150,000円    来店数 5人     1人来店コスト   30,000円   

 ・チラシの来店効果は、不透明。
スーパー・ドラックストアでのチラシでの来店効果を測定している店舗はほとんどなく来店コスパは測定できませんでした。

ただし、某スーパーでチラシを止めても売り上げが変わらないのでは?という話が出ており、実際にあるエリアで1カ月チラシの配布を止めて、効果比較検証してみた結果、前年当月と売り上げはほぼ変わらなかったという事例があったそうです。
その店舗では、チラシの配布数を年々20%づつ減らしているそうです。


 

ノウハウ戦略のないSNS運用では、十分な集客効果を得ることが難しい。逆効果になりうる
SNS「facebook」,「Twitter」,「instagram」の来店効果はどうでしょう?

それぞれ、ユーザー層が違っており、下記ご参照下さい。
・Twitter    10~30代の若年層が中心。
・instagram   10~20代の若年層が中心。
・LINE           Youtubeに次ぎ、10~60代まで幅広い層に使用されている。
・Facebook    20代以上の利用が多く、高年齢層での利用率も高い。10代の利用が少ない。

上記を見る限り、「LINE」一番使われているからいいんじゃないか」「うちは40代が中心だからTwitterはやめていいな」と思うかもしれません。
しかしながら、ユーザー層が店舗・企業の顧客層と合致していたら、最適なSNSだという単純な話しではないのです。
例えば、40代以上が主要客層のおしゃれな庭のあるカフェの場合、ユーザー層は(年代)的には「LINE」や「Facebook」が最適と推察されますが、
実際は、写真好きの人が良く利用する「instagram」でお庭の写真を投稿していった方が、反響を得られるケースもあります。
その為「ユーザー層が顧客層と合致していたら最適なSNSというわけではないものの、検討材料の1つとして各SNSのユーザー層は考慮すべきだ」ということです。
しかし、センスのよい写真でいいねがたくさん付かなければ、ブランディングのマイナス効果になってしまいます。

「使い勝手がいいから」「知人で使っている人が多いから」「フォロワー数が一番多いから」という理由で、自然とSNSの運用に偏りが出てしまいがちです。
ノウハウ戦略のないSNS運用では、十分な集客効果を得ることが難しく、逆ブランディングイメージを落としてしまうケースもあるので十分に注意する必要があります。   
 


 
あなたの店舗では、いかがでしょうか?
広告での1人あたりの来店効果はいかがでしょうか?

来店数がわからないものを掲載し続けていませんか?

費用対効果がわかるもので、そのお客様が再来店している率は、さて何%でしょうか?
答えれる、店舗販促の方が、いらっしゃれば優秀で売上の伸びている店舗だと推測されます。

いかに、販促広告媒体で来店されたお客様を、再来店していただくか、
そして、来店されたお客様が他店に行くのをブロックし、再来店率を高めるかが店舗経営の販促にとても重要です。

店舗アプリ導入後の来店単価事例 (導入後1年での効果事例)
1人当たりの来店単価

飲食店 :350円
美容サロン :850円
スーパー :60円


まとめ

・広告の1人当たりの来店効果を把握する。
・広告で来店されたお客様の再来店率を把握する。
・SNSは、ノウハウ戦略をもって運用する。できなければ、逆効果。
・効果の悪い、広告・SNSは、思い切ってやめる。
・新規来店したお客様に再来店するための販促計画を立て実行する。

店舗アプリでは、このような広告宣伝の選定提案から公式アプリの構築と運用代行を専門プロのスタッフが提案し運用まで行っております。

お気軽にお問い合わせください。

店舗アプリ コンサルタントより

店舗経営・企画販促の皆様の来店集客に関して、少しでもお困りでございましたら、国内最多の実績を誇る店舗アプリのマーケティングスタッフが詳しくご説明させていただきます。

スマホアプリで今までの、広告販促費を10%下げて再来店お客様の定着をぜひとも実感いただければ幸いです。

我々の目指すところは、ご提供したお客様が1人1人と効果を実感いただき、喜んでいただけることが我々の製品開発とサポートの喜びでございます。

お気軽にお問い合わせください。
http://tenpoapp.com/inquiry-apps/

店舗アプリ サポートディスク
フリーダイヤル 0800-888-2794(平日10:00~18:00)