2024.01.09

企業がスマホアプリを導入する目的は?メリット・デメリットから解説

企業がデジタルコンテンツとしてスマホアプリを積極的に導入しているのは、リピーター促進などさまざまな効果をアプリから得られるからです。また従業員の負担軽減など、店舗運営の工程にもよい影響をおよぼします。

ただしスマホアプリにもデメリットがあるので、うまくコスト削減しながら作成して運用するといった工夫が必要です。

今回は企業がスマホアプリを導入する目的やメリット・デメリットなどを初心者にも理解できるように詳しく解説していきます。

 

企業がスマホアプリを導入する目的

 

企業がスマホアプリを導入する事例が増えているのは、次のような要因があるからです。

 

アプリで集客を行いたい

 

スマートフォンユーザーの数は増加し続けています。総務省の情報通信白書などを参考にすると、そのユーザー規模は国内においてはすでに固定電話の普及率を超えており、PCといった他の通信機器よりも普及しています。

このように通信機器としてだけでなくデジタルコンテンツの提供先としても、スマートフォンは重要な位置を占めているのがポイントです。

そのような中でマーケティングにおけるスマートフォンの重要性も当然増しています。たとえばスマートフォン基準でWebサイトのデザインを作成したり、スマートフォンで使いやすいように文字の大きさやサイズなどを調整したりといったことは当たり前となりました。また同時にスマホアプリの重要性も増しているのがポイントです。

スマホアプリは一度インストールされるとスマートフォン内に待機し続けられます。そこからプッシュ通知を配信して最新の情報を送ったり、更新して新機能を使えるようにアップデートを行う、といったことがリアルタイムにできるのがメリットです。

またスマートフォンを使って調べ物をしたりする場合はすぐ何かを使いたい、あるいは買いたいと思っている場合が多く、そういった需要をスムーズに吸収して来店や購買へつなげられるというのもスマホアプリの特徴になっています。

今ではアプリプラットフォームを使うなどして小規模の店舗でもアプリを作成する時代となりました。

よって大企業ではないからといったあぐらをかいてよい状況ではなくなっているので注意しましょう。

 

 

顧客ロイヤリティを高めたい

 

前述したように、スマホアプリはユーザーのスマートフォンに待機している状態で保管されます。よって常にユーザーと何かしらのタッチポイントを持つことが可能です。

もしWebサイトを通してデジタルコンテンツを配信する場合は、一度Webサイトへアクセスしてから最新の情報を確認する順番になります。しかしアクセスするのが面倒というユーザーも一定数います。小さな手間ですが毎日のようにアクセスして情報を確認することを考えるとそこまで行きつかない方も多く、Webサイトが情報の発信源として有効ではなくなるリスクもあるのがポイントです。

これがスマホアプリの場合、一度インストールされれば一回タップするだけで起動するのでアクセスの手間がありません。またプッシュ通知ですぐに最新情報を送れますし、ユーザーは通知をタップするだけで情報の詳細を確認できます。

最近ではWebサイトでも同じようにプッシュ通知を送ったり、すぐに起動したりする仕組みを整備する動きが活発になっていますが、それでも現状ではスマホアプリに追いついているとは言えません。よってスマホアプリを用意することで、効率的にユーザーへアプローチができます。

また顧客ロイヤリティの面でも、分析データをベースに必要なターゲットにだけ必要なコンテンツを発信できるアプリは効率よくリピーターを増やす方策の中心となってくれます。他のコンテンツの場合同じようにコンテンツを出し分けて定期的に発信するのが難しい場合があり、その点スマホアプリは最もパーソナライズなマーケティングがしやすいコンテンツだと言えるでしょう。

 

 

スタッフの負担を減らしたい

 

デジタルコンテンツにおいては、運用の面でも使いやすいものを選択する必要があります。その点スマホアプリはさまざまな点で運用メリットを得られます。

まずコンテンツをスマホアプリへ集約することが可能です。SNSの情報を連携させてスマホアプリでも見られるようにしたり、Webサイトの記事に関する最新情報を表示してすぐに閲覧できるようにするといったこともできます。

これによって現在のデジタルコンテンツの稼働状況や評判などを、アプリ経由でスタッフ側からもスムーズに確認することができます。

また分析の面に関しても、アプリ経由でさまざまなデータを得ることが可能です。得られるデータにはスマホアプリの起動率やコンテンツの閲覧割合などだけでなく、クーポンの利用率や会員証の提示率といった今まで各コンテンツをアナログで提供していた場合には集計するのが正確には難しい内容まで入っています。

このようにアプリ経由であらゆるコンテンツをデジタル化して提供することで、集計の手間が一気に削減されて正確なデータが獲得できるようになるのがポイントです。

さらにクーポンや会員証などをデジタルで作成・発行できるようにすると、スタッフが今まで行っていた印刷の作業などもなくなり、デザインされた元データさえあればスピーディーにコンテンツを発行できるようになります。当然各工程が単純化するのでそこでも負担削減が達成できるでしょう。

 

 

 

アプリとWebサイトの違い

 

比較されがちなアプリとWebサイトには、次のような違いがあります。

 

通信の軽さ

 

Webサイトの場合基本的にはオンライン通信を行い画像やテキストなどを読み込みます。そのため通信の軽さはWebサイトのデータ量に大きく左右されます。もし画像データが大きい、大量の動画データが貼ってあるといった特徴のあるWebサイトの場合読み込みにも時間が掛かりますし、かなりの通信量を消費してしまうのがネックです。

キャッシュを使ってオフラインでの読み込み率を増やすといった通信容量軽減・読み込み高速化の方法も取れますが、効果が限定的になるケースも多く通信の軽量化には限界があります。

スマホアプリの場合、Webサイト以上に通信量は軽いです。それは事前に各データがスマートフォン側に保存されている点が大きいです。

PCにソフトウェアを入れて起動する場合は安定して起動しますが、スマートフォンでもそれは同じでスマホアプリは安定起動します。

またデータ更新などオンラインでないと使えないタイミングもありますが、オフラインだけで起動するスマホアプリも多く、データ容量をまったく気にしないで使えるのはメリットです。実際簡易的な機能だけを持っているアプリはオフラインのみで起動できてしまうケースが多いです。スマートフォン内の保存容量がアプリによって消費されてしまうのはデメリットですが、それを補って余りある通信高速性・安定性におけるメリットがスマホアプリにはあります。

 

 

ダウンロードの有無

 

Webサイトの場合は、基本的にダウンロードのアクションが発生しません。その代わりインターネットから検索エンジンを経由してから情報を検索して、アクセスを行う必要があります。検索エンジンはスマートフォンだけでなくPCといった他の通信機器からも利用するので、多くのユーザーがWebサイトを見てくれる可能性があります。

よってまだリピーター化していない層でも気軽に集客できるのが強みとなっているのがポイントです。

対してスマホアプリの場合、利用する前にダウンロードとインストールのアクションが必要になってきます。

基本的にアプリストアにアクセスしてから概要を確認、許諾を受けてからダウンロードをしてくれるのを待つことになります。ちなみにダウンロードはアプリデータをスマートフォンに入れること、インストールはダウンロード後のアプリデータを配置して使えるようにする作業のことで厳密には意味が違います。インストールはダウンロード後に自動でされるので、ユーザー側で特に気にする必要性はありません。

こういった特徴から、スマホアプリはリピーターの獲得や成長促進に強みがある点がポイントになっています。

 

 

 

アプリを作成するメリット

 

スマホアプリを作成すると、次のようなメリットを得られます。

 

ユーザーの目につきやすい

 

スマホアプリをインストールすると、スマートフォンの画面に起動用のアイコンが追加されます。このアイコンには新着通知を表すバッジ(赤い点)などが付くのがポイントです。またプッシュ通知を定期的に発信することで、新情報があることを分かりやすくユーザーへ知らせることが可能となっています。

よって総合的にいろいろな方法でユーザーの目につきやすい分かりやすいアプローチができるのがスマホアプリのメリットです。

どんなによいコンテンツや情報を持っていても、ターゲットユーザーに気付かれなければ意味がありません。この点スマホアプリであれば確実にユーザーに対して情報を発信できるので、作っているコンテンツ・用意している新情報が無駄になるリスクが一気に減少するでしょう。

 

 

エンゲージメントを高めやすい

 

スマホアプリはリアルタイムで最新の機能をユーザーへ知らせたり、新情報へ誘導したりすることが可能です。

よってすぐに情報が届くとは限らないWebサイトに比べてユーザーのレスポンスがよいのがポイントになっています。こまめに情報を送信しながらリアルタイムで送らないといけない必要性の高い企業では、スマホアプリが最有効のコンテンツになる可能性があります。

また分析した内容を基に有用な情報を継続して順次関連付けながら送信することで、ユーザーを育成してリピーター、さらにホットなリピーターへと誘導することも可能です。

このように、エンゲージメントを高める施策を簡単にとることができる点もスマホアプリのメリットになっています。

 

 

顧客属性の可視化ができる

 

スマホアプリでは企業側が測定したい内容を設定して、効率よくデータを収集することが可能です。

アプリの起動率やコンテンツの閲覧率といったオンライン関連のデータや、クーポンの利用率や会員証の提示率といったオフライン関連のデータまで集約できます。こういった基本的なデータだけでなくカスタマイズした指標を設定することで、さらなるデータの収集が可能です。たとえば指定の商品の購入率といったデータまで集めることで、精密なマーケティングをするためのデータを獲得することが可能です。

また顧客属性を可視化しながらセグメント化して、1人1人に合わせた通知を送るといった施策につなげることも簡単になっています。特にアプリプラットフォームではデータ収集・分析用の機能が充実しており、初心者でも扱いやすいようになっているので気軽に分析ができます。

 

 

 

アプリの作成のデメリット

 

アプリ作成の際は、次のようなデメリットがあることにも注意してみてください。

 

コストがかかる

 

作成する方法にもよりますが、アプリを用意するにはコストが発生します。一般的にはWebサイトよりもコストが掛かると思ってみてください。

同時に以前はコストが高額になるケースが多かったのに対して、今では気軽にアプリを作れるようになっている点も覚えておきましょう。アプリプラットフォームを使うと各作業をプログラミングコードなしでも実現することが可能であり、またそれによって必要な人員が減少して大きく人件費が削減されます。数人程度でも効率よくアプリの作成や運用をすることが可能なので、小規模の店舗の多くがアプリプラットフォームを使ってアプリを制作しています。

ただしアプリプラットフォームを使うのではなく1からアプリをプログラミングして作成する、外注して作成を代行してもらうといった方法を取ると一気にコストが増額になるので注意しましょう。

 

 

インストールする必要がある

 

何度かすでに説明していますが、アプリには事前のダウンロード・インストールの作業が必要です。

よってダウンロード・インストールの導線がしっかりしていないと、敬遠されてアプリがスマートフォンに入らないリスクがある点を頭へ入れておいてください。

たとえばWebサイト経由でアプリの紹介をする場合は単に文章や画像で機能特徴を説明するだけでなく、アプリストアへのリンクを目立つように貼って誘導しましょう。またアプリストアにおいてもスクリーンショットの複数枚用意や機能・操作説明用の動画などを配置して簡潔な概要説明を心掛けることで、信頼感がアップしてスムーズにダウンロード・インストールされやすくなります。

Webサイトを経由するパターンだけでなく、アプリストアへ直接赴いてダウンロード・インストールする場合まで多く想定される場合は、特にアプリのプロダクトページの内容を充実させておいてください。

 

 

OS更新に適応するアップデートが必要

 

スマホアプリにおいては、更新の手間がWebサイト以上に発生するケースがあります。

それはWebサイト環境以上に、スマホアプリの環境変更が多いからです。

Webサイトの場合は言語技術が一気に発達したり、新技術に対応する必要があったりといった抜本的な更新の必要が出てくるケースが意外に少ないです。ただしスマホアプリの場合はこまめにOS更新の作業が入ってくるので、影響を考えてアプリを運用する必要性があります。それに加えて抜本的なアプリ見直しが必要なアップデートも、Webサイト環境と比較すると入りがちだと思っておいてください。

対応しないとアプリの一部機能がエラーで使えなくなったり、機能不全でアプリ自体がフリーズしたりする可能性があります。また単純なデザイン崩れなどもよくない影響を発生させるので、機能・デザイン更新はスピーディーに行ってみてください。

 

 

 

アプリで目的を達成するなら「店舗アプリDX版raiten」

 

中小規模の店舗アプリ運営には、店舗アプリDX版 raitenがおすすめです。

まず管理画面がシンプルで分かりやすい仕様となっているので、専門知識のないスタッフでも簡単に操作、分析が可能となっています。

またローコード・ノーコードでアプリ作成が可能なので導入や運用に関するコストが減少するのもポイントです。

さらにプッシュ通知や会員証など、多様なマーケティング機能を気軽に実現できるのもメリットです。詳しくは弊社のサービス概要や実績等に関する説明をお読みください。

 

 

まとめ

 

今回は企業がスマホアプリを導入している理由やメリット・デメリットなどをご紹介してきました。

企業がスマホアプリを導入しているのは、スマートフォンユーザーへ効率よくマーケティングを行いリピーターを増やすためです。今ではアプリプラットフォームを使うことでコストを圧縮しながら効率よくマーケティングができるようになっています。

気になる方はぜひ開発方法も検討しながら、スムーズなアプリマーケティングが行えるように準備をしてみてください。

 

 

活用事例検索
業種カテゴリー
集客事例カテゴリー
関連活用事例
新着活用事例
一覧へ戻る

Contact

資料請求・ご相談・お見積り!

お気軽にお問い合わせください。
オンラインで専門スタッフが丁寧に貴社のニーズに寄り添って
詳しくご説明いたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ