2023.12.26

プッシュ通知とは?メリットや開封率を上げるコツを徹底解説

スマホアプリにおいて使われてきたプッシュ通知は、今やWebアプリにおいても活用が行われており有用性の高い情報発信手法として定着しています。必要な情報をすぐ積極的に届けることのできるプッシュ通知は、集客における呼び込みなどへ使うことが可能です。

ただしその性質上、情報発信が敬遠されてアプリそのものをアンインストールしてしまうといったケースになってしまうリスクもあります。そこで正しい使い方を学んで適切な配信を心掛けてみましょう。

今回はプッシュ通知の概要やメリット・注意点などをまとめていきます。

 

プッシュ通知とは

 

プッシュ通知とは、「スマホアプリ等で使える、コンテンツ運営者側から伝えたい情報を通知形式で発信できる機能」のことです。

プッシュ通知を使うと今表示されている画面に対してポップアップで一番前に新着情報が表示されるため、目立ちやすい特徴があります。それだけでなくスマホアプリのプッシュ通知の場合、光や音でプッシュ通知の受信を知らせてくれるのでより目立ちやすいのが特徴です。

デジタルコンテンツを使ったマーケティングは、ユーザーがアクセスしてくれるのを待つ形式となることが多いです。実際にはプッシュし過ぎると敬遠されるリスクが以前のマーケティング環境より増えているので、間違った手法とは言えません。ただし単にWebサイトをインターネットにアップロードして検索エンジンからアクセスされるのを待つ、といった手法だけを取っていると施策に限界が見えてきます。

特に企業・店舗に対してのリピーターは、企業や店舗が積極的に情報発信してくれるのを待っているケースが多いです。そこでリピーターに対してプッシュ通知を発信することでマーケティングに攻勢をかける事例が増えています。

プッシュ通知に有益な情報を掲載すれば、スムーズに新商品の詳細紹介や購買等への導線を構築することが可能です。

またプッシュ通知経由でクーポン配布といった情報発信も可能になっています。さまざまな施策へプッシュ通知を掛け合わせることで、さらに正確なマーケティングができるようになるでしょう。

 

 

 

プッシュ通知のメリット

 

プッシュ通知には次のようなメリットがあります。

 

即座に最新の情報を届けられる

 

プッシュ通知を使うと、必要なタイミングですぐ最新情報を届けられます。単にスマホアプリにおいて新着情報をトップページへ掲載するだけでは、ユーザー側で気付くのが遅れてしまい情報の有用度が減ってしまうリスクがあります。どうしてもすぐ確認してほしい情報をプッシュ通知で発信することで、情報面での機会損失を減らすことが可能です。

たとえば、

  • 1週間後にポイントの有効期限が切れる
  • 2日限定のポイント付与率増額キャンペーンがある

といった緊急性の高い事案に関しては、プッシュ通知を介して概要を伝えた後に詳細を確認できるようにリンクを貼ることで、機会損失がなくなり確実にポイントを使ってもらったりキャンペーンに参加してもらったりができるようになります。

従来のチラシやDMなどでは実現が難しかった情報の伝達スピード向上が達成されやすいのはプッシュ通知の大きな強みです。

 

 

メルマガやDMより開封率が高い

 

メルマガやDMといった情報発信方式も、積極的に企業や店舗が情報を発信する手段として使われてきました。しかしこういった方式は不達になったりそもそも見てもらえないといったケースになることが多く有用性が以前より減っています。

それに対してプッシュ通知の場合、高い開封率を維持しやすいのがポイントです。何よりも他の情報伝達方式より目立ちやすいので、気軽にその場で内容を確認してタップできるのが影響しています。

メルマガやDMといった方式からスマホアプリでのプッシュ通知へと情報伝達の手段を変更することで、従来より高い情報閲覧率を達成しやすくなるでしょう。

ただしプッシュ通知にも伝達の際にデメリットがあるので注意しましょう。詳しくは注意点の項目で説明していきます。

 

 

顧客ロイヤルティの向上が見込める

 

スマホアプリといったデジタルコンテンツにおいて、「情報が目に入ってからスムーズに詳細確認へ移動できるか」は大きなポイントです。工程が難しいと思われたり面倒くさいと思われるとそこから離脱が発生して、情報の伝達効率が減少します。

スマホアプリにおいてプッシュ通知は、最もスムーズな導線の1つとなります。概要確認はプッシュ通知を受信したタイミングですぐ可能ですし、詳細が気になれば通知自体を一回タップするだけで内容が表示されるので手軽です。

こうしたスムーズな導線確立によって有益な情報へユーザーを誘導してアプリの有用性を確固たるものにできれば、自然と顧客ロイヤリティの向上も見込めるでしょう。

 

 

アプリを起動していなくても通知が目に入る

 

スマホアプリを運用する際は、休眠ユーザーが一定数出てくることに注意する必要があります。休眠ユーザーとはアプリを使わないまましばらくたっているユーザーを指しますが、この掘り起こしによってそのまま離脱してしまうリスクを減らすことが可能です。休眠状態だとまだアプリがインストールされたままなので、アンインストールされて離脱される前に方策を決めて施策を実行する必要があります。

この際アプリを起動していなくても通知がポップアップ表示されるプッシュ通知であれば、「アプリをまた使ってみませんか?」といったメッセージとともにクーポンなどのインセンティブを配布することで、休眠ユーザーを効率よく通常ユーザーへと復帰させやすくなります。

 

 

 

プッシュ通知の種類

 

続いてはプッシュ通知の2つの種類について解説していきます。

 

リモートプッシュ通知

 

遠隔操作で情報を発信するタイプの通知です。リアルタイムで情報を送信するのが特徴であり、限定キャンペーンといった期間が限られており、緊急で決定したようなイベント情報の発信などで使われます。

リモートプッシュ通知では、都度必要な情報を選択してその場で送信できるメリットがあります。

いきなり決まった情報であってもすぐユーザーへ伝達できるので安心です。

 

 

ローカルプッシュ通知

 

ユーザーのローカル環境、つまりスマートフォンとスマホアプリがあれば起動する通知です。リモートプッシュ通知とは違いオフラインでも稼働することが可能であり、アプリ側で決めたタイミングによって自動で通知が発信されます。

ローカルプッシュ通知はポイントの有効期限切れなど、決まった日時に発生することが多いイベントの通知に有効な通知です。

事前設定しておけば確実に通知が発信されるため、定期的に発信する情報に関してはローカルプッシュ通知を利用すると安心です。

 

 

 

プッシュ通知の注意点

 

続いてはプッシュ通知の注意点をご紹介していきます。

 

ユーザー側からの許可が必要な場合がある

 

以前は情報伝達に関してオプトアウト方式が各手法で採用されていました。

これはプッシュ通知といった許可が必要な機能をデフォルトではONにした上で、後ほどユーザー側で切るような設定を行う方式です。プッシュ通知だけでなくメールといった情報伝達手段ではオプトアウト方式が従来は使われていました。

しかしプライバシー保護といった観点から、現在ではオプトイン方式が採用されるのが当たり前になりつつあります。

これは許可が必要な機能をデフォルトではOFFにした上で、利用前にユーザーに許可を取ることで使えるようにする方式です。現在ではiPhoneおよびAndroid 13以降のAndroidにおいて、事前にユーザー側へ許可を取らないとプッシュ通知が発信できなくなってしまいました。よって「許可するとポイントをプレゼント、有効な情報が定期的に発信されます!」といった宣伝を行うなどの手法で、ユーザーがプッシュ通知を許可するような導線を用意すべきです。

 

 

読みたくなる文章を作らなければ開いてもらえない

 

プッシュ通知だけでも、ある程度の情報を伝達することは可能です。ただし伝えられる情報は通知を行ったアプリのアイコンや数行の宣伝文章程度であり、内容がかなり限られている点に注意する必要があります。他のアプリプッシュ通知がユーザーのスマホ通知欄に表示されていても、自社アプリが開かれる程度の魅力は確保しておく必要性があるでしょう。

基本的にメールマーケティングと同じように、概要だけで読みたくなる、タップして詳細を見たくなる文章構成にしないと導線がうまく機能しません。

一番伝えたいことだけを文章にする、重要なキーワードは左寄せにするといった他のマーケティング手法でも使われる文章校正のコツを押さえることで、プッシュ通知においても効果的な概要を書きやすくなるでしょう。

 

 

送信する時間によっては生活の邪魔になる

 

プッシュ通知は通知を受信するたびに、ユーザー側のスマートフォンに影響を及ぼします。具体的には通知音が鳴ったり、ディスプレイが都度点灯したりして通知を知らせます。

これは通知に気付いてもらいやすいメリットになっていますが、同時に時間帯によっては迷惑に思われるデメリットがある点も覚えておいてください。

たとえば多くの方が休んでいる夜の1時や2時、それに起きたばかりの早朝6時といった時間帯は嫌がられやすい時間帯となります。実際に避けるべき時間帯はサービス内容やユーザー属性等で変わるので、細かく調整できるように準備しておいてください。

 

 

頻度や内容によっては悪印象を与えてしまう

 

プッシュ通知は積極的に情報を発信できる分、ユーザーにとって常に有用である必要があります。

有用だと思われない状況だとアプリのアンインストールにつながりますし、最悪の場合店舗自体のブランディングにおいて悪印象が付いてしまうので危険です。

たとえば、

  • 情報発信頻度が1日20回といったように多過ぎる
  • 内容が自分のユーザー属性とかみ合っていない

といった状況だと、メッセージが敬遠されてしまいます。

よって何も考えないでプッシュ通知をその場で送ってしまうと悪印象のきっかけを作ってしまうことを頭に入れて、事前に施策を検討してから適切なタイミング・頻度で送りましょう。

 

 

 

開封率の上がるプッシュ通知を作るコツ

 

ここからは開封率の向上するプッシュ通知を作るコツを解説していきます。

 

シンプルな文章にして重要な情報を目立たせる

 

プッシュ通知で表示できる内容が限定されていることを考えて、文章内容はシンプルで抑えられたものにしましょう。また重要な部分は強調して目立たせることでより魅力的な文章になります。

たとえば「【2日限定】1年に一度の創業記念スーパーセール開催!!」といった内容だと、2日限定というのが強調され、1年に一度の大セールというポイントが伝わりやすくなるでしょう。場合によっては絵文字を入れるといった工夫もできます。

 

 

クーポンやキャンペーンの情報を送る

 

プッシュ通知を開封したくなるインセンティブに関する情報を発信するのも有効です。

代表的なのがクーポンやポイント倍率アップなどの情報を送信する方法ですが、この際インセンティブで発生する予算が高額とならないように割引率等を調整する必要があるので注意してみてください。

たとえばインストール直後には「おめでとうございます!初回商品無料クーポンプレゼント!」といった通知を送り、後は「指定商品20円引きクーポン贈呈」といったように割引額を小幅にしたものを定期的に送信すれば継続的にインセンティブを付与できます。

 

 

セグメント配信を行う

 

セグメントとはユーザー属性によってグループ分けを行う手法を指しますが、プッシュ通知においてもセグメント配信を行うことで情報の伝達効率を促進できます。

セグメントには、

  • 性別や年齢などのプロフィールで配信内容を分ける
  • 来店頻度や購入額といった行動に関して内容を分割する

といった2つの方法があります。

前者ではアプリ利用時に事前に入力されるような固定された情報に関して配信内容を分けるので、配信がしやすいメリットがあるでしょう。「20代男性におすすめしたい、最新家具5選」といった内容のプッシュ通知などが考えられます。

また後者では情報が時期によって変動するのでセグメントをよく考える必要がありますが、リピーターに重点を置いてプッシュ通知を配信できるといったメリットがあります。「お得意様限定、新商品サンプルプレゼントキャンペーン」といった内容のプッシュ通知が考えられるでしょう。

当然両者の方法を掛け合わせたセグメントもできるので、ぜひ活用してみてください。

 

 

配信の時間帯を工夫する

 

プッシュ通知の配信日時を工夫するには、実際に配信した通知の開封率等を分析する必要性があります。

日にちや時間帯に分けて差が発生する場合は細かく分析して、何曜日のいつごろ配信すれば最も開封率が高くなるかを把握することで最大限の効果を得られるでしょう。

プッシュ通知の開封割合等を確認する際は、曜日や時間帯によって開封の分布率を色で確認できる棒グラフ形式の図などがおすすめです。アプリプラットフォームの分析機能などでグラフ機能を使って確認をしてみてください。

 

 

迷った時はABテストを実施するのがおすすめ

 

プッシュ通知で迷った際はABテストを実施するのがおすすめです。

ABテストの際は比較したい内容以外は同じ状況・内容にして配信をするのがポイントになってきます。

たとえばプッシュ通知の文章を変えて効果を比較したい場合は、配信する曜日や時間帯は同じにして順番に発信したりするのがおすすめです。また曜日や時間帯をずらして比較する場合は、文章内容等は同じにして効果を比較しましょう。初心者が複雑なABテストを行うと混乱の基になるので、最初は単純な状況比較からやってみてください。

 

 

 

プッシュ通知の分析・管理もできる店舗アプリなら「店舗アプリDX版raiten」

 

プッシュ通知の分析や管理をしたい方には、店舗アプリDX版 raitenがおすすめです。事例としては初期1店舗の導入費用は10万円ほどで、そこから1店舗追加するごとに2万円追加するだけで気軽に店舗アプリを作成できます。また会員証やクーポン作成機能まで付いた高機能なアプリを最短20日ほどで開発可能です。

分析も初心者用のダッシュボードがあるので簡単に実践できます。実際の見積などが気になる方はぜひ弊社へメールや電話等でお問い合わせください。

 

 

 

まとめ

 

今回はプッシュ通知のメリットや開封率を上げるコツなどを解説してきました。

スマホアプリ等において、プッシュ通知は積極的に情報発信するための重要な機能です。活用すれば有益な情報を必要なタイミングで届けられますが、頻度や時間帯等を間違えるとブランディングの悪化やアプリのアンインストールなどにつながってしまうので注意してみてください。

プッシュ通知の運用について気になる方は、ぜひアプリプラットフォーム開発会社等に連絡してみてください。

 

 

活用事例検索
業種カテゴリー
集客事例カテゴリー
関連活用事例
新着活用事例
一覧へ戻る

Contact

資料請求・ご相談・お見積り!

お気軽にお問い合わせください。
オンラインで専門スタッフが丁寧に貴社のニーズに寄り添って
詳しくご説明いたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ