マンションデベロッパー様必見!CS向上にはマンションごとの専用アプリで入居前から入居後までトータルサポート!

マンション専用アプリ

 

綺麗な設備や環境が整っている分譲マンションは今も人気が高く、新規で購入を検討している人も多いことでしょう。しかし分譲マンションの情報を集めるのは意外と難しく、スムーズに購入まで進むためには多くの労力と時間が必要となります。入居前だけでなく入居後もまた多くの問題があり、ときには居住者の生活に影響が出る可能性もあるでしょう。

そういった問題を解決するには、分譲マンションの専用アプリが役に立ちます
最新の情報をピックアップし、入居後の雑事をサポートしてくれるアプリがあれば、安心してマンションでの暮らしを満喫してもらうことができるでしょう。

今回はそんな分譲マンション専用アプリがもたらす効果と、想定される使い方をチェックしてまいります。分譲マンションがもっと魅力的な居住空間となるように、管理会社はぜひこちらを参考にアプリの導入を検討してみてください。

 

 

1

1.分譲マンションを購入するユーザーが求めていること

 

分譲マンションの購入は大きな買い物であるため、ユーザーは慎重に慎重を重ねて検討することを望んでいます。しかし現実問題マンションの情報を収集するには手間がかかり、仕事や家事をしながらではスムーズに知りたいことを知れないというパターンも多いです。

またモデルルームを見学して販売スタッフと接点を持ったとしても、電話やメールといった直接的なコミュニケーションは面倒になりやすく、足が遠のく原因となってしまいます。DMなども効果は薄く、コストの面を考えても有効な手段だとはいえません。とはいえ時間が経てばどんどんユーザーの購買意欲はなくなり、やがては分譲マンションに対する興味を失ってしまう可能性もあるでしょう。

要するに分譲マンションの購入を検討しているユーザーは、もっと気軽に情報を手に入れることができ、自分のタイミングで購入に踏み切れる環境を求めているのです。そういった環境を満たしてくれるのは、やはり分譲マンション専用アプリとなるでしょう。特にひとつのマンションの情報だけに特化した公式アプリであれば、ユーザーは自分で納得のいくまで調べることができるので、後悔しない購入を行うことができます。それはマンションのCS向上を実現し、その後も長く暮らし続ける理由にもなっていくでしょう。

現在は分譲マンションの情報を取り扱うサイトやサービスが乱立しているため、逆に特定の建物の情報だけを集めるのが難しい状態となっています。しかしマンション公式のアプリがあれば、ユーザーはそれをインストールするだけで、簡単に必要な内容だけを手に入れることができるのです。不要な情報を排除することはよりそのマンションの良さを知るきっかけになるので、今後はマンションごとに公式のアプリをリリースするのが当たり前になっていく可能性があるでしょう

 

マンション専用アプリの実例

 

例えば以下のようなマンション専用アプリがリリースされていて、ユーザーと管理者に多くのメリットを与えています。どれだけアプリの機能がマンションの魅力を引き立ててくれるのか、ひとつ参考にしてみましょう。

 

・ヴェレーナシティ稲毛海岸
ヴェレーナシティ稲毛海岸はそのマンションの情報を集約した、公式のアプリサービスです。限定動画の配信や取材レポートを通してマンションの魅力をアピールしているため、購入を検討している人にとっては欠かせない存在となるでしょう。360度動画もあるので、実際に現地に行かなくてもその空間の雰囲気をつかむことができます。忙しくてなかなかマンションを見れないという人でも、アプリがあれば少しずつ購入のための意思を固めていくことができるでしょう。

マンション専用アプリ

 

 

・フリーディア赤坂プレミアム
こちらのアプリもフリーディア赤坂プレミアムの情報をまとめた、専用のマンションアプリとなっています。モデルルームの写真やパノラマ動画が確認できるので、使ってみるとマンションでの生活をイメージしやすくなるでしょう。アプリ限定のお知らせもあるため、最新のマンション情報を簡単にゲットできます。

マンション専用アプリ

2

2.入居前の使い方

 

分譲マンションの公式アプリは、ユーザーが購入を考えている入居前の段階からメリットがあります。例えば以下のようなポイントが、アプリの使い方として想定されるでしょう。

・価格など販売状況の確認
・施工状況の進捗
・マンションの説明会の案内
・周辺環境の詳細情報
・新着のニュースのチェック
・管理会社へのコンタクト

 

こういった情報をネットや管理会社から直接得ようとすると、大変な手間と時間が必要となります。アプリがその点を補ってくれれば、分譲マンションの魅力がより正確に伝わることになるでしょう

特に最新情報のチェックと説明会の案内などはメリットが大きく、実際に購入に至るきっかけになるかもしれません。ピンポイントでそのマンションの情報を提供できるアプリは、入居前のユーザーを確保する最適なツールになり得るでしょう。

入居前は不安や心配事が多くなるため、ユーザーはなるべくたくさんの情報を集めようと必死になるものです。そんなときにマンションの公式アプリがあれば、スムーズに情報収集をサポートすることができるでしょう。

「公式」という点は特に大切で、購入を検討しているユーザーに安心感を与えることができます。口コミやレビューといった無記名の情報が多いなか、確かな情報源からのデータであることは、それだけで価値のあるものとなるでしょう。

3

3.入居後の使い方

 

分譲マンションへの入居が決まった後も、専用アプリはさまざまな形でユーザーをサポートしてくれます。特に以下のような点が、アプリの入居後の使い方となるでしょう。

・掲示板としての役割(デジタルサイネージとの連動)
・回覧板の代わり
・災害時や非常時の情報提供
・マンションの集会に関する案内
・近隣地域のイベント告知
・ゴミ出しの日の通知など生活全般のサポート
・その他お得な情報のご紹介
・管理会社との連絡機能

 

入居した後さらにそのマンションでの生活が快適になるような機能は、専用アプリならではのものとなります。それは結果として長く住み続ける理由となり、マンションの満足度を高める要因にもなるでしょう。

実際マンションに住んでみると、「これってどうすればいいのかな?」といったわからないことがいくつも見つかるものです。そういったときにいちいち管理会社に問い合わせるのは面倒であるため、場合によってはルールを守らずに暮らす住人が増える原因になってしまいます。専用アプリの存在はそういった事態を防ぎ、マンション全体の秩序を保つことにもつながるので、積極的に導入すべき対象であるといえるでしょう。

 

4.アプリ導入により削減される手間・費用

 

上記のようなアプリの使い方をすることで、ユーザーと管理会社はそれぞれ多くの手間と費用を削減することができます。それはさまざまなメリットに発展し、分譲マンションの魅力を最大に引き出すきっかけになっていくのです。なぜ分譲マンションに専用のアプリが必要なのかを、入居者と管理会社の両方の視点からチェックしてみましょう。

 

・入居者のメリット
マンションの専用アプリは入居者にとって、生活上のあらゆる不便さを解消するというメリットがあります。公式のアプリがあれば情報収集は簡単になり、重要なお知らせを見逃すことはなくなるでしょう。入居前であれば購入の参考に、入居後であれば快適な生活のために情報を使えるので、スマホからすぐアクセスできるアプリは魅力的なものとなります。もしアプリがなければ、管理会社に電話やメールでの確認が必要だったり、毎日掲示板を見たりといった手間がかかることでしょう。そういった余計な雑務から解放されるという点こそ、入居者がアプリから得られる最大のメリットだといえるのです。

アプリで簡単にマンションの情報を取得できるようになれば、周辺環境や身近なイベントに興味を持つこともあるでしょう。それはそのエリアでの暮らしを充実させることになるため、アプリのおかげで住んでいる街の良さがわかるようになるかもしれません。逆にコミュニケーションが苦手な人もアプリを使った最低限の接触で済ますことができるので、気楽に生活をすることができます。こういった理由から専用アプリを採用している分譲マンションを選ぶことが、今後は入居者にとっての大きなメリットとして認知される可能性はあるでしょう。

 

・管理会社のメリット
分譲マンション専用のアプリを開発すると、管理会社にもたくさんのメリットがもたらされます。特に管理にかかる時間とコストの削減は、長期的に見ても大きな利点だといえるでしょう。例えば掲示板や回覧板の代わりにアプリによる通知を実行すれば、スピーディな対応を行うことができます。わざわざ必要事項を記入して貼り出したり、それを回収したりといった手間は、アプリで賄うことができるのです。

それは時間短縮とコスト軽減になるのはもちろん、入居者に情報を伝える情報経路の確保にもなります。マンションの掲示板に張り出したとしても、そこに住んでいる人全員が見てくれるとは限らないので、結局は別の形で告知することになるというパターンは珍しくありません。掲示板にべたべたと紙が貼られている様子は見栄えも悪く、せっかくの分譲マンションのエントランスが台無しになることもあります。見た目を綺麗に保つという意味でも、居住者とのアプリによる情報共有はおすすめされるのです。

また新しい入居者を見つけるためにも、マンションの専用アプリは有効に使えます。一度インストールをしてもらえれば最新情報を即座に提供することができるので、マンションの魅力をあますことなく伝えられるでしょう。上手に情報を更新し、購入を検討しているユーザーにとって需要のあるデータ(室内の写真や周辺環境の魅力)を取り扱うことができれば、宣伝費用を抑えることも可能です。コストを下げつつこれまで以上に多くの人に情報を与えられるツールである専用アプリは、これからの時代管理会社にとって必要不可欠なものになるといえるでしょう。

 

・分譲マンションが増えている現状について
国土交通省の調査データによれば、分譲マンションのストック戸数は増え続けていて、平成29年には約644万戸という数値を記録しています。分譲マンションに住む人が減っているともいえますが、逆にいえば提供できる住居がたくさんあるということになるでしょう。マンションに住んでいる人口の数は約1500万人と推計され、これは日本全体の約10%にあたります。この人数をどうやって増やしていくのかが、マンション運営における今後の課題になっていくでしょう。

周知の通り、分譲マンションには設備の充実度や防犯性の高さなど、さまざまなメリットがあります。こういった利点がきちんとユーザーに伝われば、もっと居住者を増やすことは可能でしょう。

そこで考えるべきなのが、宣伝方法の一新です。インターネット全体に情報をばらまいたり、無作為にチラシを配るのではなく、やはりそのマンションの専用アプリをピンポイントで配信するスタイルが、今後は注目されることになるでしょう。スマートホンの世帯保有率は平成29年の段階で約75%(総務省の情報通信機器の保有状況参照)となっていることから、アプリの存在さえ認知されれば多くの人に情報を供給することができます。分譲マンションの情報源は、アプリへと移行する時期に来ているのかもしれません。

 

・若年層に向けたアピールも重要
スマホアプリは年齢問わず便利に利用できるものですが、特に使いこなしているのは若年層だといえるでしょう。そのため専門アプリのリリースは、若い人々を含めた広い世代へのアピールにつながっていくのです

簡単に情報が手に入るスマホに慣れた若者たちのなかにも、分譲マンションに興味を持つ人は大勢います。そういった人たちは専用のアプリがあるのなら、的確に情報を引き出してくれるでしょう。またアプリを見た人がその家族へとマンションの情報を伝えるような、直接の広がりにも期待できます。普段はアプリを使わない世代にまで、分譲マンションアプリの存在が伝わる可能性は高くなるでしょう。

 

5

5.まとめ

 

分譲マンションは今後、新しいスタイルによるアピール方法が必要になる業界のひとつだと思われます。CSの向上にもつながることから、専門アプリの導入は実際に進めていくべき段階になっているといえるでしょう

もし分譲マンションごとに個別のアプリを作るのであれば、弊社のサービスである「店舗アプリ」の利用がおすすめです。情報提供のために必要な機能が複数備わっていますので、新しい顧客の獲得と入居後のサポートを専用のアプリにて行うことができます。分譲マンションの魅力を正確に発信していくためにも、この機にアプリの本格的な作成をぜひご検討ください。

店舗アプリお問い合わせURL:http://tenpoapp.com/inquiry-apps/

店舗アプリ コンサルタントより

店舗経営・企画販促の皆様の来店集客に関して、少しでもお困りでございましたら、国内最多の実績を誇る店舗アプリのマーケティングスタッフが詳しくご説明させていただきます。

スマホアプリで今までの、広告販促費を10%下げて再来店お客様の定着をぜひとも実感いただければ幸いです。

我々の目指すところは、ご提供したお客様が1人1人と効果を実感いただき、喜んでいただけることが我々の製品開発とサポートの喜びでございます。

お気軽にお問い合わせください。
http://tenpoapp.com/inquiry-apps/

店舗アプリ サポートディスク
フリーダイヤル 0800-888-2794(平日10:00~18:00)