2023.12.22

電子チラシの集客効果を上げるには?作成ポイントや配布方法を見直そう!

電子チラシはすでに紙のチラシに取って代わる媒体として認知されています。しかし利用者が増える中でサービスや配信方法も多様化しており、それぞれの違いを理解しながら導入するものを決める必要があります。

電子チラシのコスト削減や集客力向上などの効果を最大化できるように、ぜひ詳しい選定のポイントを学習しておいてください。

今回は電子チラシの概要やサービス・手法を選定する際のポイントなどをご紹介していきます。

 

電子チラシとは?

 

電子チラシとは、デジタルデータになったチラシのことです。

今ではさまざまな媒体で電子チラシを見る機会が増えており、紙のチラシの発行数を抑えようという店舗が増えているのも特徴です。

電子チラシにはデジタルデータとしていろいろな使い道があります。そのためコスト削減だけではなく、販促力アップや認知度アップといった効果にまで繋げられるようにその特性を覚えておきましょう。

 

 

電子チラシのメリットとは?

 

紙のチラシと比較すると、電子チラシには次のようなメリットがあります。

  • 自在にチラシの内容を変えて配信ができる
  • コスト削減効果がある
  • スピーディーに配信ができる

紙のチラシはいったんデザインを作って印刷してしまうと、訂正する手間が大きいです。しかし電子チラシの場合は元データを変更すればすぐ内容が更新できるので、手軽に訂正がしやすいメリットがあります。

また元デザインデータさえあればそれ以降の印刷工程が必要なくなり、対象の媒体で配信準備を行うだけで作業が完了するのもメリットです。これによってコスト削減だけでなく、DX化に関係するペーパーレス化まで促進することができます。

さらに作業工程が大幅に省略されることによって、紙のチラシよりスピーディーに配信が可能です。早ければデザインデータが完了したときと同じ日に配信するといったことも可能であり、2日限りの限定キャンペーンといったイベントのチラシも簡単に配布できるようになります。

 

 

電子チラシのデメリットとは?

 

紙チラシと比較して、電子チラシには次のようなデメリットがあります。

  • リーチできない層もいる
  • 見た目が閲覧機器ごとに異なってしまう
  • 媒体メディアとの相性を考える必要性がある

電子チラシの場合、特に高齢層に関してはリーチが難しくなります。コロナ禍で数は減少したでしょうが、従来通り紙の媒体の購読率が高くインターネットを使い慣れていない高齢層はまだ多いです。

また見た目に関しても、スマートフォンやPCといった多様な機器で閲覧できる分、環境ごとにデザインが少々異なって見えるリスクがある点も忘れてはいけません。デザインがどの媒体でも崩れずに安定して表示されるように工夫する必要があります。

さらに媒体メディアごとに購読層が違うので、自店舗へ通っている層、これから来店してほしい層にリーチできるように媒体は気を付けてじっくり選択する必要があるでしょう。

 

 

 

電子チラシを作る方法

 

電子チラシを作るには次の2つの方法があります。

 

紙チラシやデザインデータをPDF化する

 

1から手作り・手書きでチラシを作っているようなところも、スキャナーさえあればそこからデザインデータを作成して電子チラシを作成することができます。またすでにデザインデータをデジタルで作ってから印刷しているような店舗では、元データをそのまま媒体上で配信できるように調整するだけで配布の準備が可能です。

ちなみに電子チラシを作る際は、なるべくPDFを選択したほうがよいです。各媒体で扱われている形式がPDFであり、またPDFであれば文字の訂正といった作業もしやすいのが理由となります。

 

 

0から作るならチラシ作成機能があるサービスを利用する

 

今から電子チラシ作成の準備をして媒体を選択するような場合は、チラシ作成の専用機能があるサービスが存在することを知っておきましょう。

たとえば「Canva」はチラシだけでなくその他紙媒体やデジタル媒体で配布するためのデータを作成することができる便利なサービスです。ドラッグ&ドロップなどで簡単に素材の位置調整や貼り付けなどができるので初心者にもおすすめです。しかも基本利用は無料でできるので、規模が小さい店舗であればそのまま無料で活用することもできるでしょう。

このようにチラシ作成機能があるサービスを導入すれば、電子チラシ作成で必要な手間を一気に減少させることが可能です。

 

 

 

電子チラシの集客効果を上げる作成ポイント

 

ここからは電子チラシの集客効果を向上させるポイントを解説していきます。

 

パッと目を惹くデザイン設計にする

 

チラシにおいては買い物をするお客様が見やすいように、余計な表現を強調したり商品価格が小さくなったりするのは防ぐべきです。たとえば、縦並びや横並び等を意識してきれいに商品内容をまとめて表記したり、商品名が長過ぎる場合は上手く省略したりといったような伝わりやすくする工夫が必要です。

それだけでなくパッと目を引くデザイン設計にすることで、目玉商品等も分かりやすくなって購買効果が上昇します。

事例としては、

  • 注目商品はトップへ大きめに記載する
  • 商品画像を使いながら価格や商品名を併記しておく
  • 自店舗のデザインカラーやロゴなどを要所に使用してブランドを確立する

といった手法で目を引くチラシを作ることが可能です。

 

 

お得な情報は分かりやすく記載する

 

限定のクーポンやセール情報を紹介する際は、通常のデザインとは少々異なる表現をすることで気付いてもらいやすくなるでしょう。

たとえば、

  • トップに2日限定といった強調したい内容を持っていく
  • クーポンの部分はミシン目を付けたり付近に誘導するためのフレーズを入れたりする

といった工夫をすることで、チラシの内容が特別なものであるというのが分かりやすくなるでしょう。クーポンに関しては提示方法や期限などを明記して、機会損失が発生しないように立ち回ってみてください。

 

 

店舗の場所・問合せ先は目立つように載せる

 

まず配信媒体上でチラシ情報の対象となっている地域を絞って配信をする必要があります。イベントAはAの地域にだけ、イベントBはBの地域だけで配信といったように住み分けをしないと、リーチしても来店に繋がらず無駄なコストが発生するからです。

また来店導線となる情報が不十分だと、チラシを見ても来店機会が発生しない可能性もあります。

そのため、誰に向けたチラシなのかを明記した上で、どの店舗でセールといったイベントが開催されているのかを分かりやすく記載しておきましょう。

さらに問い合わせが発生しても対応できるように、電話番号や公式サイトのURLといった関連情報がすぐ確認できる位置にあるとさらに良いです。

多くの店舗では、こういった店舗の場所や地図、電話番号といった基本情報はチラシの左端や下部に記載されていることが多くなっています。

チラシの真ん中に中途半端に情報を入れるより、店舗情報が記載されているであろうとお客様が思っているこういった箇所に情報を貼り付けたほうが安心できるでしょう。

 

 

 

電子チラシの集客効果を上げるには ”配信媒体選び” も重要!

 

電子チラシの集客効果を最大化するためには、配信媒体の選択も重要です。

自店舗の状況によっては1つだけでなく複数の媒体を併用する必要がありますが、その際はチラシ更新や管理等で負担が増えないように作業工程を効率化できる工夫を行う必要があります。

たとえばSNSを媒体とするならば、若い女性向け化粧品などの情報紹介はInstagramで行ってみるとよいでしょう。ユーザー層が被っているからです。また高校生向けの情報発信であれば同じユーザー層が閲覧や投稿を行っているTikTokにするなど、媒体ごとのユーザー特性を利用して媒体を選択することで効率よく検証や効果向上などを行うことができます。

媒体を間違えてユーザー層がずれていたり認知度が不足したりすると、効果が出ずコストが増加してしまうリスクがあります。このため事前に検証してから効果が出たのち、本格的な運用ができるようなサービスを利用すると安心です。

 

 

 

配信媒体の選び方

 

配信媒体を選択する際は、次の2点に注意しましょう。

  • 媒体により使い勝手の特徴がある
  • 自社の目的と各媒体を利用するユーザーのバランスを見て媒体を選択する

電子チラシを配布する場合、媒体によって使い方の特徴が異なります。たとえばメルマガ系のチラシ配信であれば宛先を指定する際に記載場所や情報を入力ミスしないように注意する必要があります。またオウンドメディア掲載の場合はページめくりといった機能を付けてビューアー上で閲覧できるようにするか、付けないでそのまま1枚のPDFデータとしてURLを共有して配布するかなどを選択する必要があるでしょう。媒体によって掲載の工程や注意点が違う点を頭に入れてから作業を行うべきです。

また媒体を選択する際は、自社の目的やユーザー層のバランスを見てみましょう。たとえば開店したばかりでまだオウンドメディア等も成長していない、そもそも作っていないような場合は配信サービスを利用すると認知度を向上させられるので楽です。またすでに地域で認知度がありオウンドメディアの閲覧数等も確保できているのであれば、オウンドメディア上でチラシデータを配布したほうがコストが削減されて効率的です。このように媒体ごとの効果と得られる結果等から導入したい手法を選択するとよいでしょう。

 

 

 

各媒体の特徴

 

続いては各媒体の特性を詳しくご紹介していきます。

 

メルマガ配信

 

メールアドレスを提示してくれたお客様に対して、各メールサービスにてメルマガを配信して電子チラシを配布する方法です。

直接メールの内容にチラシ画像を貼り付けることも可能ですし、添付してダウンロードしてから閲覧してもらうようにすることもできます。

メルマガ配信を行えるのは、すでに認知度がありオウンドメディアの会員登録などでメールアドレス情報が蓄積されている店舗です。そのためこれから認知度を稼ぐような店舗では実行するのが難しい点に注意しましょう。

メルマガを配信できるということは、すでにお客様は自店舗にある程度興味があり熱心に商品を購入してくれる可能性が高いということです。

つまり会員限定のセールやキャンペーンといった情報も配信しやすいのがメルマガ配信のメリットになります。また追記したい情報があればスムーズに公式サイト等へ誘導することで、購買への道筋を作ることが可能です。

ただしメールアドレスの指定やセグメントによるグループ分けなどの実施に手間がかかります。

ノウハウ等がない場合はメールツールを導入して作業を効率化する方法も考えてみてください。

 

 

オウンドメディア掲載

 

自店舗のイベント情報や商品情報などを掲載しているオウンドメディアにチラシを掲載する方法です。

閲覧者すべてに同じ情報を届けられますし、1回掲載を行えば共有準備が済むのでお手軽なのが特徴です。

すでにインターネット上でも認知度が高く、公式サイトの閲覧数やユーザー数まで確保できているところでは実行しやすい方法です。

何よりも、従来は紙で行っていた部分を公式サイトですぐ共有できる方式へ切り替えることで、コスト削減効果が見込めるのがポイントになってきます。

また、共有ボタンなどを設置することで、SNSへの投稿にも誘導することが可能で、拡散効果にも期待できます。

ただし、公式サイトで同じ情報を発信するという特性上、限定キャンペーンの紹介等で利用するのは難しい側面もあります。

一部のお客様に絞ったキャンペーン等を行うときは、メルマガ配信と併用するといった手法を利用する必要があるでしょう。

 

 

電子チラシ配信サービス

 

電子チラシ配信の専用サービスへ登録する方法です。大手のサービスを利用することで店舗の認知度向上などに良い影響を与えてくれます。

店舗規模が小さく、これから電子チラシの認知に力を入れる場合はおすすめです。

サービス内でユーザーが登録した年齢や地域、お気に入り店舗といった情報に合わせてチラシが配信されるため、知られていない場所にも自店舗の情報が届いて新規顧客の開拓に繋がる可能性があります。また、電子チラシを簡単に作成して配布できる機能もあることが多いので、作成→配信までの工程を一気通貫で実行できる点がポイントです。

ただし掲載料金が高くなるリスクがあるので、他のサービスとも併用してコストを調整するとよいでしょう。また競合他社と顧客の取り合いになるデメリットがあるのも覚えておいてください。

 

LINEチラシ

LINEチラシではLINEアプリ上で位置情報などを登録することで、簡単に周辺店舗の情報を確認することができます。LINEは多くのスマートフォンユーザーが利用しているので、幅広い層にリーチができるでしょう。

また潜在顧客だけでなく顕在顧客やリピーターへも情報を出し分けながら電子チラシの掲載が可能なのもメリットです。

さらに販売パートナーよりレポートが提出されるので、正確にチラシの効果測定ができるのもポイントになっています。

 

Shufoo!

Shufoo!はTポイントと連携しており、閲覧回数や時間帯といったルールによってTポイントをゲットしながらチラシを確認できるサービスです。基本料金0円からエリア設定や集客効果分析が可能となっています。

またShufoo!プラットフォーム上で電子チラシを入稿することで、自社アプリといった連携サービスにも内容が一括で共有されるので、更新作業等が短縮されるのもメリットです。

PC・スマートフォン両方に対応しているので好きな方法で電子チラシを閲覧しやすくなっています。

 

トクバイ

女性・ファミリー層が多く利用しているサービスです。買い物直前に利用されるため購買に繋がる可能性が高い点などをアピールポイントにしています。

定額で電子チラシだけでなくクーポンやイベント情報などを掲載できるので便利です。

また分析機能によって掲載商品の人気ランキングや競合他社との閲覧数比較などが簡単にできるので、初心者でも効率よく分析作業を行うことが可能になっています。

 

 

 

電子チラシの作成・配信をひとまとめにするなら店舗アプリDX raitenがおすすめ

 

オウンドメディアとして運用ができる「店舗アプリDX版 raiten」ならば、電子チラシの配信以外にもさまざまな機能が搭載されているので再来店を効率よく促進することが可能です。

チラシ作成・掲載をフォトなどの実装されている機能で簡単に実行可能です。それだけではなく

  • プッシュ通知による重要な情報の配信
  • デジタルポイントカードの発行
  • 提示・各種他メディアとの連携

といった機能によって総合的な集客をサポートいたします。

気になる方はぜひご連絡ください。

 

 

活用事例検索
業種カテゴリー
集客事例カテゴリー
関連活用事例
新着活用事例
一覧へ戻る

Contact

資料請求・ご相談・お見積り!

お気軽にお問い合わせください。
オンラインで専門スタッフが丁寧に貴社のニーズに寄り添って
詳しくご説明いたします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ