スマホにダイレクト通知!知っているようで知らないプッシュ通知機能を徹底解説!

店舗が新規顧客やリピーターを作り、売り上げを伸ばすために重要なのが情報発信です。アナログの情報発信は非効率な面が目立つようになり、今ではアナログよりもコストが安く、効率のよいデジタルツールを用いての情報発信手法が主流になっています。

情報発信できるデジタルツールにもさまざまありますが、どのツールにもメリットがあれば、デメリットもあります。そこで各ツールのデメリットをカバーできるのがプッシュ通知です。

プッシュ通知を利用すれば、注意喚起力の高い効果的な情報発信が可能になります。

今回はプッシュ通知とはそもそも何か、そして他のツールと比較してのメリットや各業種に合わせた最適な活用事例など、プッシュ通知について徹底解説していきます。「プッシュ通知とはそもそも何なのか知りたい」、「プッシュ通知を利用するとどんなメリットがあるのか知って、自店舗の集客に活かしたい」という方はぜひご覧ください。

 

 

1

プッシュ通知とは

 

プッシュ通知とは、スマホ内にインストールしているアプリに関する通知をユーザーに提示する機能です。

アプリを開けば最新情報は閲覧できますが、これはユーザーがアクションを取らないと情報が届かない、ということでもあります。プッシュ通知ではアプリに関するお知らせがアプリを起動していなくても画面上にポップアップ表示されて配信されるので、お客様が情報に気づきやすいのがメリットです。

プッシュ通知のメリットはこれだけではありません。プッシュ通知は画面にポップアップ表示されるだけでなく、バイブレーションや着信音などでユーザーに新着情報が届いたというのを伝えられます。ただ画面に表示されるだけではなく他のアクションでも注意喚起できるので、お客様が情報を見逃す可能性は低くなります。

最近では「PWA(ネイティブアプリ的要素をWebサイトに組み込む技術)」の登場で、Webサイトでもプッシュ通知が送信できるようになりました。PWA普及はまだまだ先のことですが、今後はさらにプッシュ通知の重要性が増していくでしょう。

2

プッシュ通知の種類について

 

プッシュ通知には、大きく分けて次の2種類があります。

・ローカル通知
・リモート通知

 

ローカル通知
ローカル通知とはインターネットにつながっていないローカル環境の状態でも、情報配信できるプッシュ通知方式です。アプリ内に最初から命令が組み込まれており、指定した期日になったりアクションが行われると、それに合わせたプッシュ通知が自動で配信されます。

アプリ内で処理が完結するので、確実に通知を行えます。ローカル通知はその性質上、定期的に発信したい情報や、ユーザーのアクションによって内容が決まっている情報を配信したいときなどに向いています。

例えば「自店舗は毎月5日、15日にセールを開催しているから、その通知は全員に配信したい」という場合や、「アプリゲームでユーザーに利用制限がかかったとき一旦通知し、制限が解除されたらすぐ知らせたい」ときなどに使われます。

 

リモート通知
リモート通知は、インターネット経由でユーザーに情報を発信する方法です。ユーザーがオフラインだと情報発信が遅れますが、急なお知らせやお得な限定情報などをリアルタイムで発信したいときに、その場で通知を作成して発信できるメリットがあります(ユーザーは一般的にオフラインになるのを嫌がるので、リアルタイムで発信できる可能性は高いと言えます)。

リモート通知はその性質上、「1日限定のセール情報を発信したい」という場合や、「このリピーター限定のお得なセール情報をピンポイントで配信したい」といった場合に向いています。

店舗で頻繁に使うのは、好きなタイミングですぐにリアルタイムな情報を届けられるリモート通知になります。

集客にはリアルタイムでの発信が重要です。
「今伝えたい情報」をユーザーに伝え集客に繋げるために、プッシュ通知の機能を理解し最大限活用しましょう。

 

3

プッシュ通知の訴求力とは

 

ここからはプッシュ通知とそれ以外の情報発信方法を比較しながら、プッシュ通知の訴求力がどれほど高いかについて解説していきます。

・メルマガなど
・Webサイト
・SNS

ITが浸透してきた現代では、プッシュ通知以外にも上記のようにさまざまな通知方法があります。
しかしこれらのツールは、それぞれ次のようなデメリットを抱えています。

 

メルマガなど
一昔前は情報発信のメインであったメルマガも、現在は開封率が大きく落ちています。

メルマガは万人に同じ情報を送る分パーソナライズできないので、開封率が一桁台になってしまう可能性もあります。これは手軽にコミュニケーションが取れるSNSの普及によりメールの魅力が薄れて利用者が下がっているのに加え、格安スマホの普及により「キャリアメールアドレス(携帯電話会社から割り振られるメールアドレス)」を持つ方が減り、そもそもメールをしない方も増えているのが理由として考えられます。

もともとメールは注意喚起力に劣りどんどん情報が埋もれていってしまうデメリットがあるので、最新情報をリアルタイムで配信する目的には向いていません。

現在ではメルマガとは違いプッシュ通知のように「セグメント(顧客を属性ごとに分類する)」のできるステップメール利用率が高まっていますが、メールを使う都合上心もとない面もあるのが現状です。

 

Webサイト
Webサイトで最新情報などを配信する方法も、昔から使われています。

ただしデータとしてみると、手軽に見られる分興味のないコンテンツからはすぐに離脱が起きてしまうWebサイトに対し、アプリの利用時間は自分の気に入ったものしかインストールしない分圧倒的に長いのが現状です。また現状ではPWAを実装しておらずプッシュ通知が配信できないWebサイトが多いので、情報をアップしても注意喚起力が低く、お客様に情報を見てもらえる可能性が低いのも難点です。

特に小売や美容業界では、「ホットペッパーグルメ」や「ホットペッパービューティー」などのポータル店舗紹介サイトに上位を取られ、自店舗のWebサイトが上位に掲載されにくいのもネックです。こういった業種では、Webサイトを単体の集客手法として運用するのは極めて難しいでしょう。

 

SNS
情報を配信しながらお客様とのコミュニケーションを取れるSNSは、自店舗のファンを作りリピーターを増やす面で大きな効果のあるツールです。

ただし継続的にお客様に情報を見てもらうには、自店舗アカウントをフォローしてもらう必要があります。またSNSは競合の情報配信量も多く、上手く施策を打たないとどんどん他の投稿に自店舗投稿が埋もれてしまう欠点も抱えています。

SNSを活用する際はWebサイトなど他の集客手法と併せ、お互いの欠点を補う形で情報配信すると効果的です。

 

プッシュ通知のメリット
プッシュ通知を利用すると、それ以外の方法で情報発信を行うよりも次のようなメリットがあります。

ユーザーが通知に気づきやすく、開封率も高い
パーソナライズ配信が可能である

 

ユーザーが通知に気づきやすく、開封率も高い
先ほども言いましたが、アプリのプッシュ通知はスマホトップ画面にダイレクトに表示されるなどの仕組みでユーザーが通知に気づいてくれやすく、その分開封率も高くなります。開封率が高いのは単にユーザーが情報に気づきやすいからだけでなく、情報欄をタップすれば指定のアプリがすぐに起動して詳細を確認できる手軽さも手伝っています。

あるデータではメルマガ10%未満に対し、プッシュ通知は約70%という高い開封率を誇るなど、数値から見てもその高い訴求力が分かります。

 

パーソナライズ配信が可能である
プッシュ通知は各データと組み合わせて、さまざまなパーソナライズ配信が可能です。

・ユーザー属性
・購買情報
・アプリ利用頻度
・位置情報連動型  

パーソナライズ配信のもとになるデータには上記などがあります。

例えばユーザー属性には各アプリユーザーの年齢や性別、趣味などが該当し、それぞれのユーザー層に合った商品やサービス情報を配信できます。また購買情報をもとに頻繁にお店に来店してくれるリピーターと、そうではないお客になりたての方とを分けてそれぞれに適した情報を配信可能です。

さらにアプリ利用頻度をもとに、しばらく利用していないお客様にはセール情報やクーポンを配信し再起動を促して集客につなげたり、「ビーコン(店舗備え付けの情報発信機)」や「GPS(位置情報測位システム)」、「Wi-Fi」などをもとにした位置情報連動情報配信もできるようになります。

このようにさまざまなデータをもとにそれぞれのお客様に合ったピンポイントな情報配信ができるのも、プッシュ通知の魅力です。

 

ただしプッシュ通知にも弱点はあります。

お客様のスマホにダイレクトに通知が配信される分、1日に数十回など過度な量を配信するとお客様に嫌がられ、プッシュ通知自体をOFFにされたりする危険性もあります。最悪の場合はアプリをアンインストールされ、自店舗の評判が下がってしまうかもしれません。

プッシュ通知で注意喚起力の高い情報が配信できるメリットは、余計な情報が大量に配信され、お客様に嫌悪感を与えてしまうかもしれないというデメリットにもなり得ますですからプッシュ通知を配信する際は、「お客様がどんな情報を求めているか」をデータなどからしっかり常に考え、重要な情報をピックアップして配信するのがポイントです。

 

4

業種別プッシュ通知配信事例

 

ここからは業種別にプッシュ通知をどのように使えばよいか、配信事例としてご紹介していきます。

・飲食店
・美容室
・アパレル
・スーパー
・商業施設
・ホテル

 

飲食店
飲食店では、次のような情報をプッシュ通知で配信するとよいでしょう。

飲食店プッシュ通知事例
・新メニュー
・おすすめメニュー
・予約状況(本日席空いてます等)
・アプリ限定クーポン

新メニューは言わずもがな、多くのお客様が知りたいと思う新鮮な情報です。集客率向上のためにもぜひプッシュ通知してください。またおすすめメニューはパーソナライズ情報をもとに、各お客様に合ったメニューを考案して情報配信すると効果が上がりやすくなります。

また予約しないと入れないようなお店では、予約状況をプッシュ通知で配信すると行きたいお客様がすぐにその場で予約できるようになるので親切です。自店舗アプリに予約機能を組み込んで、プッシュ通知タップとともにすぐ画面を表示できるようにすればもっと集客効果が高まります。

アプリ限定クーポンも、おすすめメニューと同じように各お客様に適したクーポンを配布すると効果的です。例えば「新規お客様にはメニュー1品無料」、「リピーターには裏メニュー注文可能」など来店頻度を元に特典を変えれば、集客効果がアップするでしょう。

 

美容室
美容室では、次のような情報をプッシュ通知配信しましょう。

美容室プッシュ通知事例
・予約日前のリマインド
・施術後のフォロー(そろそろリタッチしませんか?等)
・アプリ限定クーポン 

予約日前にリマインドして来店日を伝えれば、お客様は忘れることなく確実に来店してくれます。また各お客様の施術データをもとにリタッチを行わないかなど、フォローを行うプッシュ通知を配信するのもリピーター創出に効果的です。お客様に特別な情報配信を行うと、お客様の店舗への「ロイヤリティ(信頼度など)」が高まる傾向にあります。

アプリ限定クーポンでは「次回来店時施術メニュー1つ無料」など、各お客様が魅力的だと思うような特典をつけるようにしましょう。

 

アパレル
アパレルでは、次のような情報をメインにプッシュ通知情報発信しましょう。

アパレルプッシュ通知事例
・商品入荷情報
・おすすめコーディネート
・イベント情報

最新のアパレル入荷情報は、誰でも知りたいと思う情報です。さらに「このお客様は明るい色のパーカーが好きだから、明るい色のパーカーが入荷したときに情報発信しよう」などとすると、集客効果も高まります。

おすすめコーディネートでは、お客様がすでに購入したアイテムなどを組み合わせて着用例を見せれば、お客様の着用フォローにつながります。また新着アイテムなど関連のアパレルも組み合わせると、お客様の購買意欲が高まるでしょう。

イベント情報は、定期的に開催されるものはローカル通知で送れば手間がかかりませんし、突発的なものはリモート通知で送ればリアルタイムでお客様に届きます。

 

スーパー
スーパーでは、次のような情報をプッシュ通知配信しましょう。

スーパープッシュ通知事例
・チラシ情報
・ポイントデー
・タイムセール情報

お得な情報が記載されているチラシ情報は、誰もが見たいと思う情報です。特売情報があればプッシュ通知を行い、また週間チラシはアプリ内にチラシ閲覧機能を組み込みいつでも閲覧できるようにしておくと、チラシ代の削減にもつながります。

ポイントデーはリピーター創出に重要な情報です。「ゴールド会員様限定本日ポイント5倍」など、セグメントごとにポイントデーを開催しピンポイント通知を送るのも、集客手法の一つとして考えられます。

タイムセール情報をリアルタイム発信できるのは、プッシュ通知の大きな強みです。「ゲリラ開催、13~16時限定鮮魚20%OFF」など、その日に急に開催されるセール情報もプッシュ通知で打っておくと集客効率が高まります。

 

商業施設
商業施設では、次のような情報とプッシュ通知が相性よいです。

商業施設プッシュ通知事例
・イベント情報
・ポイントデー
・各ショップからの情報

商業施設の集客施策と言えば、やはり大々的なイベントでしょう。イベント情報は定期開催のものはローカル通知、不定期のものはプッシュ通知配信にしておくと効果的です。

ポイントデーもリピーター創出に重要な施策です。「全員ポイント3倍」「ゴールド会員限定ポイント5倍」など、さまざまなポイントデー情報とプッシュ通知を組み合わせると効果的に集客できます。

その他商業施設内各テナントからの情報も客引きに重要です。例えば商業施設内ショップをお気に入りしていつでも見られるようにする機能をアプリに組み込み、そのお気に入り状況に併せて「あなたがお気に入りにしているアパレルショップ〇〇、本日セール開催」などの情報を送信すればピンポイント集客が可能になります。

 

宿泊施設
ホテル・旅館などの宿泊施設の集客施策にも、プッシュ通知による情報配信が効果的です。

宿泊施設プッシュ通知事例
・予約状況(本日空室あります等)
・新プラン情報

ドタキャンや地域の天候状況などで、どうしてもお客様が宿泊できない状況になってしまう可能性もあります。その際空室になった分をそのままにしておくと、宿泊施設側の損失につながります。

予約状況をお客様にプッシュ通知すれば、その場でお客様は「今日は空いているし、ちょうど旅行予定だからこのホテルや旅館を借りよう」などと判断できるので、利益損失を防いで効率よく売り上げを上げられるようになります。

また新プラン情報を確実にお客様に届けたい場合も、プッシュ通知は効果的です。それぞれの顧客情報に合わせて「出張の多いあなたにおすすめ、新ビジネス宿泊プラン」など適した情報を送れば、集客効果も高まるでしょう。

 

5

まとめ

 

今回はプッシュ通知機能の概要や他ツールに対してのメリット、そして実際の利用場面を想定しながら事例までご紹介してきました。

自店舗アプリからプッシュ通知を発信すれば、注意喚起力の高い情報を送りながらさまざまな施策を行えるようになります。まだプッシュ通知施策を試してみたことがないという方は、ぜひ自店舗アプリ制作まで含めて検討してみてください。

弊社自店舗アプリ制作サービス「店舗アプリ」では、プッシュ通知を効果的に活用できる自店舗アプリをリーズナブルに作成可能です。気になる方はぜひ下記お問い合わせフォームから、弊社へご相談をお願い致します。

店舗アプリお問い合わせURL:http://tenpoapp.com/inquiry-apps/