飲食店や美容室で注目の「サブスクリプション」を徹底分析! リピーターが増えるその理由とは?

 

「ひとつの商品やサービスに対してお金を支払う」という当たり前の事業スタイルが今、「サブスクリプション」と呼ばれるサービスによって変わりつつあります。

あらかじめ決まった金額を支払い、その契約内でサービスを受けるというサブスクリプションのスタイルは、今後主流になる可能性があるでしょう。サブスクリプションは現在進行形で進化を続けていて、さまざまなメリットを新しく身につけています。

特にリアル店舗への対応が広がっている点は、多くの事業主にとって注目すべき内容となるでしょう。将来的に実店舗の多くが、サブスクリプションからのメリットによって事業を拡大していくことも考えられるのです。

今回はそんなサブスクリプションの特徴やメリット、そしてリアル店舗での事例をご紹介します。サブスクリプションサービスと合わせてアプリを使う利点もチェックしてまいりますので、参考の上ぜひ店舗への導入を検討してみてください。

 

 

1

1.サブスクリプションとは?

 

「サブスクリプション」とは、利用する商品やサービスの「期間」に対してお金を支払うシステムのことを指します。いわゆる「定額制サービス」のことであり、「月々○円で特定のサービスが使い放題」といった形式が一般的なものとなるでしょう。

「商品そのもの⇔支払い」ではなく、「商品の使用期間⇔支払い」になるため、時間にお金をかけるというイメージが近くなります。元々はデジタルコンテンツやソフトウェア系のサービスで使われていて、主にインターネットから情報やデータを定額で受け取るのが主流でした。音楽の聴き放題、映画の見放題、電子書籍の読み放題、ネットソフトの使い放題など、デジタル化されているコンテンツがサブスクリプションで提供されているのです。

サブスクリプションにはいくつかのメリットがあり、ユーザーに通常の売買以上の満足度を与えることもあります。特に利用者であるユーザーは、

・いちいち支払いをする手間がなくなる
・気軽にたくさんのサービスを体験できる
・お試しでサービスの中身を楽しめる
・自分のタイミングでサービスの継続を終了できる

 

といった点がメリットとなり、サブスクリプションを使う理由となっていくでしょう。もちろんサービスを提供する企業側にも、多くのメリットがあります。主な利点を挙げれば、

 

・静止画だけでなく動画を流せる
・新規ユーザー獲得のきっかけになる
・収益が安定する
・リピート客を得やすい
・ユーザーの反応を見てサービスを変えることができる
・開発にかかるコストを抑えられる

 

などが考えられるので、長期的にも短期的にも事業へのメリットを生み出すことができるでしょう。

サブスクリプション方式でのサービス提供は既にそれ以外の方式による売上を超えていて、その規模はさらに拡大すると予想されています。動画配信サービスの場合は2013年頃からサブスクリプションの方が売上が高く、2015年以降その差は広がる一方です。音楽分野も同様で、2017年からダウンロード販売よりサブスクリプションの売上が勝り、その後どんどん差は広がっています。

(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122220.html

そういった状況に合わせて、最近ではリアル店舗でもサブスクリプション方式によるサービスの提供が始まっているのです。システムさえ整っていれば、店舗で取り扱うような商品やサービスをサブスクリプションで販売するのも難しくはありません。各分野の実績を見るかぎり、ユーザーは既にサブスクリプション形式に対する偏見や抵抗が少なくなっているので、本当に興味のあるサービスであればリアル店舗でも契約を行う可能性が高いといえます。

この流れをつかみ、サブスクリプションから新規ユーザーを獲得することができれば、店舗の売上アップも望めるでしょう。

 

2.サブスクリプションに向いている業種

 

サブスクリプションはたくさんのメリットを持つサービス形態であり、さまざまな業種におすすめできます。特に以下のような特徴を持つ仕事に向いていて、システムの採用が本格的に検討されることになるでしょう。

・何度も行く理由や価値がある業種
・複数回行くことでメリットが大きくなる業種
・利用するほどお得感を得られる業種

 

このような特徴を持つ業種は、サブスクリプションを導入することでユーザーの満足度を高めることができるかもしれません。具体的な例でいえば下記のような職業が、サブスクリプションのメリットを存分に活用することができるでしょう。

 

<飲食店>
食べ放題や飲み放題サービスを定額で提供できる飲食店は、サブスクリプション形式に向いている業種だといえます。定額で設定しておけば、お店に複数回訪れてもらう理由を作ることができるので、ユーザーが他のお店に流れてしまうことを防げるでしょう。飲み放題サービスを利用してもらいながら、別途食事を注文してもらうことができれば、利益はさらに大きくなります。

そういった相乗効果にも期待できるので、飲食店は積極的にサブスクリプションを導入すべき業種だといえるでしょう。

 

<美容室>
美容に関心の高い女性をターゲットにした定額サービスを提供できれば、美容室もサブスクリプションの恩恵を得ることができます。月額で髪の毛が切り放題となれば、ちょっとした隙間時間でお店を訪れてもらうことができるでしょう。それは髪のケアに使う商品を販売するチャンスを作り、お客様の心を捉えるきっかけを生み出します。

また美容室はヘッドマッサージやヘアメイクといったあらゆる技術をサブスクリプション化しやすいので、バリエーション豊かな定額サービスを提供可能です。
ユーザーが自分の目的に合わせて定額サービスを選べる環境を作れれば、リピーターを増やすこともできるでしょう。

 

<ネイルサロン>
こまめなケアが求められるネイルサロンでも、サブスクリプションのメリットは大きくなります。一度塗ってしまえば終わりというわけではないため、月額料金でネイルを塗り放題というサービスには、高い需要が見込めるでしょう。少しでも気になる部分が出てきた段階で気軽にお店を訪れることができるので、ユーザーのネイルに対する関心を高めることもできます。

ネイルを綺麗に保つ習慣ができれば、よりネイルサロンを利用する機会が増え、そこから派生してあらゆる美容に興味を持ってもらうことができるでしょう。ネイルサロンではお客様とのコミュニケーションも重要な仕事となるので、複数回訪れて打ち解けてもらうことにメリットがあります。

サブスクリプション形式はそういったネイルサロンの特徴と、非常にマッチしたシステムだといえるでしょう。

 

<カラオケ>
月額で歌い放題というメリットを提供できれば、カラオケ店もサブスクリプションのメリットを得ることができます。そもそも「○時間いくら」といった形でサービスを提供しているので、サブスクリプションとの相性は抜群です。 利益の計算がしやすいため、計画的にサブスクリプション形式を利用することができるでしょう。

カラオケ店は街中にたくさんの店舗があるため、固定ユーザーを獲得するのが難しい職業です。しかしサブスクリプションであらかじめ月額契約を結ぶことができるなら、その期間中はひとつのお店にユーザーを引き込むことができます。

その時間を利用してポイントや割引といった別のサービスを提供すれば、その後も長くリピーターとして通ってもらうこともできるでしょう。

 

3.サブスクリプションをアプリのコンテンツに!

 

実際にサブスクリプションをリアル店舗に導入しようと思っても、「なかなか浸透しないのでは?」という疑問を感じられるかもしれません。

そこでおすすめされるのが、アプリのコンテンツ内でサービスを配信する方法です。アプリなら気軽にサービスの利用を開始でき、その後の継続も容易となります。また単純にお店の宣伝にもなるため、アプリをきっかけに店舗の知名度を高めることもできるでしょう。「月額で○○がし放題!」といった宣伝文句をアプリで見つけ、タップから簡単に利用を開始できる。それがサブスクリプション導入時において、理想的な環境となることでしょう。

どれだけお得で魅力的なサブスクリプションサービスであっても、認知されなければ意味がありません。だからこそ情報の発信力に長けているアプリという媒体が、サブスクリプション成功の秘訣になるのです。アプリならサブスクリプションサービスだけでなく、同時に他の情報をユーザーに提供することもできます。月額サービスとその他のサービスの並行利用をおすすめしたり、そのユーザーにとって一番メリットが大きいサービスの形式を提案できたりすれば、お店のファンになってもらうことも可能です。ユーザーにとってもそのお店専用のアプリがある方が、サブスクリプションサービスを利用する気持ちになることでしょう。

近年はスマホからサービスの契約をすることが定番となっているので、ホームページの作成よりも、アプリの充実に力を入れる方が合理的となっています。もしサブスクリプションサービスを店舗に導入したのに、イマイチユーザーの獲得につながっていないという場合は、アプリを利用することがおすすめです。アプリを入り口としてサブスクリプションサービスを認知してもらい、そこからお店全体の魅力を伝えられるようなルートを作れば、将来的にお店の利益をアップさせることができるでしょう。

 

4.実施事例

 

サブスクリプションのリアル店舗への導入は、既に多くの現場で実施されています。そういった事例をチェックしてみれば、いかにサブスクリプションによるメリットが大きいかを想像することができるでしょう

実際にリアル店舗で利用されているサブスクリプションサービスを以下でご紹介しますので、自店の業種と近いものを参考にしてみてください。

 

<飲食系の事例>

・CAFE PASS

月額4,860円(税込)で提携店のコーヒーなどが飲み放題となる「CAFE PASS」は、飲食系のなかでも特に注目したいサブスクリプションサービスです。

ユーザーは毎月30杯まで月額料金内でコーヒーや紅茶などを飲むことができるので、隙間時間を利用して店舗を訪れる機会が増えます。お店側はそういった機会を利用して、新たなサービスや商品をユーザーにおすすめすることができるのです。

またCAFE PASSの提携店にはユーザーの購入した商品の代金が変わらずに反映されるので、利用回数が増えるほどに損をするといったことはありません。純粋に固定客の獲得とリピート率を向上させることにつながるため、カフェや飲食店はCAFE PASSの利用を検討してみるのがおすすめです。

サブスクリプション

 

・野郎ラーメン

「野郎ラーメン」は自前のスマホアプリから登録することで、ラーメンを一日一杯無料で食べられる定額サービスを実施しています。チェーン店のすべてで利用できるため、ふとした時にラーメンを食べたくなった人の背中を押し、お店に招き入れるきっかけを作るサービスとなっているのです。

月額料金は8,600円となっていて、ラーメン好きにとっては得をしやすい価格設定になっています。利用にはアプリの登録が必要なので、ユーザーの情報を得やすく、サービスの向上に活かしやすいのも特徴。

支払いの手間が減るおかげでお店の会計時間を無くすことにもなるため、その分の時間を別の業務に応用することもできるでしょう。

サブスクリプション

 

<美容室系の事例>

・MEZON

提携している150以上の美容室で、シャンプー・ブロー・ヘアケアを自由に受けられるサブスクリプションサービスが、今話題の「MEZON」です。

使い放題の内容が細かく分かれているため、ユーザーは自分に合ったサブスクリプションを選択できます。全メニューが無制限で使い放題のプランもあれば、利用回数が限られているチケットプランもあるので、自分のライフスタイルを維持したままサブスクリプションサービスを体感できるのです。初めてリアル店舗で定額制サービスを利用する人にとっては、MEZONのように選べるスタイルは魅力となります。

利用登録はアプリからも可能なので、今後もMEZONを利用して髪の毛を美しく保つユーザーは増えることになるでしょう。

サブスクリプション

 

<その他の店舗>

・ゼロcafe

電源やWi-Fiが使い放題のワークスペースをサブスクリプションで利用できる「ゼロcafe」も、魅力的な実例として挙げられます。スペースの他にもコーヒーが飲み放題で価格は月額3,980円、外で仕事をするフリーランスや、頻繁に打ち合わせを行う会社員にとっては、定額で場所を確保できるのが大きなメリットとなるでしょう。今後働き方が変わっていけば、フリースペースのようなサービスの需要はさらに高まっていくと予想されるので、サブスクリプション化するリアル店舗は増えていくと予想できます。

サブスクリプション

 

5.まとめ

 

サービスの売り方と買い方を大きく変えるサブスクリプションは、企業にも消費者であるユーザーにもメリットがあるシステムです。その利点は既に広まり始めているので、目立つアイデアや魅力的なサービスを提供できれば高いプロモーション効果を得ることができるでしょう。

弊社ではサブスクリプションサービスの決済を行うアプリが開発できますので、自店舗への導入をご検討している場合はお力になることができます。事前決済ができるサービスなど、合わせて利用できるサービスはたくさんありますので、お店の利点になるご提案が可能です。

サブスクリプションのメリットをチェックしたこの機会に、ぜひ弊社サービスから本格的な導入をご検討ください。

店舗アプリお問い合わせURL:http://tenpoapp.com/inquiry-apps/