実店舗が専用アプリを持つメリットって?安く開発する方法とはアレだった…

 

このブログは、リアル店舗の飲食店・美容室・スーパー・ドラックストア・小売店・アパレル・など様々な店舗経営・企画販促の方にスマホ集客の時代に、競合店がどんどんアプリをリリースしだし「専用アプリを持つメリットって?」どうなんだろうかと、お悩みが絶えませんよね?

今回は、「実店舗が専用アプリを持つメリット」「安く開発する方法」をご説明致します。

目次
・専用アプリのメリット
・リアル店舗がアプリ導入に必要な機能
・一般的な専用アプリの開発費用
・集客に必要な機能を網羅し安価で自社専用アプリを持つには
・まとめ

 

専用アプリのメリット

①メリット
スマートフォンのTOP画面にアイコンが常に表示されるため強いブランディングになる

②メリット
プッシュ通知機能によりお客様のスマートフォンにダイレクトにお知らせを送ることができる

③メリット
アプリのTOPデザインを自由に設定することができる(ブランドイメージ強化)

④メリット
自店に必要な機能をだけを使用することができる(お客様が使いやすいアプリになる)

⑤メリット
外部機能との連携が可能(会員情報・ポイント情報等)

このように専用アプリを持つことには様々なメリットがあります。
専用アプリを持つことで売上アップ・集客に大きな効果が見込まれます。

 

リアル店舗がアプリ導入に必要な機能

<アプリのデザイン>
ブランドイメージで作成


<集客機能>
・クーポン
・誕生日クーポン
・スタンプ
・プッシュ通知
・近くの人にプッシュ通知
・来店から~カ月以内の人にプッシュ通知
・セグメント別プッシュ配信
・専用アイコン
・バッチ通知


<店舗サービス向上>
・アンケート機能
・顧客データ分析


<既存サービス連携>
・ポイントカード連携
・会員データ連携
・予約
・店内オーダー連携
<分析機能>
・DL数
・プッシュ通知開封率
・来店分析
・クーポン利用率分析
・販促キャッチ分析


 等

 

一般的な専用アプリの開発費用

上記で述べたような機能を持つアプリを開発しようとすると、大手開発会社だと
iOS+Androidアプリ開発+運用管理分析画面で
合計1,500万~3,000万前後

、ベンチャー企業のアプリ開発会社で800万~1500万前後

費用がかかってきます。

さらに、今後機能拡張にて
・アプリ決済・AI見込み客へのオート配信・店外からの注文などのアプリ機能が
競合店との差別化勝負にて必要になってきますので、さらに高額になります。

このような高額なコストでは、なかなか導入するメリットとのバランスが合わず
導入に懸念される方がほとんどです

 

集客に必要な機能を網羅し安価で自社専用アプリを持つには

ずばりクラウドプラットフォームサービスを活用することです。

クラウドプラットフォームサービスの店舗アプリ(http://tenpoapp.com/)では、初期費用30,000円〜月額費用15,000円〜自社専用アプリを持つことが可能です。

すでに3,800店舗以上の店舗様に専用アプリを提供しており、アプリ利用率・来店分析からお店の売上アップの集客をアプリで強力にサポートしております。

是非クラウドプラットフォームサービス店舗アプリを活用し、売上アップ・集客にお役立て下さい。

 




まとめ

「実店舗が専用アプリを持つメリット」は数多くありますが、1から専用アプリを開発すると多大が費用がかかりなかなか導入への一歩が踏み出せません。

店舗経営において費用対効果はとても重要です。

集客に必要な機能を兼ねそない
安価かつ最短に作るにはどうすれば良いか、、、
その答えは、もう明確に出たのではないでしょうか。

 

店舗アプリ コンサルタントより

店舗経営・企画販促の皆様の来店集客に関して、少しでもお困りでございましたら、国内最多の実績を誇る店舗アプリのマーケティングスタッフが詳しくご説明させていただきます。

スマホアプリで今までの、広告販促費を10%下げて再来店お客様の定着をぜひとも実感いただければ幸いです。

我々の目指すところは、ご提供したお客様が1人1人と効果を実感いただき、喜んでいただけることが我々の製品開発とサポートの喜びでございます。

お気軽にお問い合わせください。
http://tenpoapp.com/inquiry-apps/

店舗アプリ サポートディスク
フリーダイヤル 0800-888-2794(平日10:00~18:00)