チェーン店オーナー必見!チェーン店だからできるクーポン集客とは?

 

チェーン店の看板を掲げてお店を経営していると、そのネームバリューからさまざまなメリットを受けることがあるでしょう。しかし現代は個人経営のお店でも効果的な宣伝や魅力的なキャンペーンを実行できる時代となっているので、同じ経営方法のままでは後れを取ってしまう可能性があるのです。

そこでおすすめされるのが、「クーポンを利用した集客」です。チェーン店の知名度と、クーポンのお得さを合わせて活用できれば、これまで以上に高い集客効果を実感することができるでしょう。

こちらではチェーン店でクーポンを配布するメリットと、そこから期待できる効果について確認してまいります。店舗経営における最善の手を実行していけるように、この機会にクーポンでの集客を検討してみましょう。

 

 

1

1.果たしてチェーン店で「クーポン」は効果的なのか?

 

一般的にクーポンの配布は、チェーン店にもさまざまなメリットを与えてくれるでしょう。「myvoice」の調査によれば2017年の段階で「クーポンを利用した経験がある」ユーザーは9割弱にもなり、直近1年間の利用者も65.6%と高い数値を示しています。特に女性の利用は7割弱と高く、30~40代では8割弱の人が直近の1年間にクーポンを使って買い物やサービスを体験しているとのこと。クーポンという形態は既に一般に浸透し、お店の利用を促す手段のひとつとして認知されているのです。

また店舗からのオンライン情報を対象とした調査のなかでは、「クーポンやポイントをきっかけに店舗を訪れたことがある」という利用者も4割を超え、その求心力の高さが特徴となっています。店舗が配信できるオンラインサービスにおいて、クーポンはとても有益なシステムだといえるでしょう。

「テスティー」と「CNET Japan」が実行した飲食クーポンに関する調査によると、クーポンをよく利用する・たまに利用すると回答した人は10代の男性で56.7%、10代女性で64%、20代男性で53.5%、20代女性で68.9%となっています。若者をターゲットにする場合、少なくとも半数以上の人がクーポンを日常的に利用していると考えることができそうです。マクドナルドのクーポンを利用した人を対象にしたアンケートでは、「クーポンを確認してから店舗に行くことを決める」と答えた人が約4割となっているのも注目。チェーン店にとってもクーポンが有効な広告になると、これらの結果から判断することができるでしょう。

 

 

2

2.チェーン店におけるクーポンの活用事例

 

例えば有名チェーン店も、以下のようなクーポンをアプリで配布しています。

マクドナルド:特定の商品を値引き・コーヒー1杯無料
上島珈琲:お会計の10%OFF
ドミノピザ:ピザを1枚買うともう2枚無料
サーティワン:誕生月にレギュラーシングルアイス無料
ココス:新規入会特典でプレミアムドリンクバーセットが99円

 

商品がお得に購入できるクーポンが多く、新規層はもちろん普段からそのチェーン店を利用している人にもメリットがあります。定期的にお得なクーポンを配布することで、客層の開拓と再来店のきっかけを作っているのです。有名チェーン店の活用事例は参考にしやすいので、どのようなパターンがあるのかこまめなチェックを重ねておきましょう。またクーポンには以下のような種類があり、ばらまきクーポンでなく1人1人にあったクーポンなど条件や利用方法を変えて付与することが大事です。

 

・期間限定クーポン
・曜日、日時限定クーポン
・誕生日クーポン
・初回限定クーポン
・ターゲット別配信クーポン
(女性・学生・リピーターなど特定のユーザーにしぼったもの)
・会員限定VIPクーポン
(前回の利用から○○日以内の再来店時のみ)
・商品限定クーポン
・雨の日クーポン
・アンケート回答でクーポン など

 

3

3.クーポンは再来店のきっかけになる

 

先述した通り、クーポンをきっかけにそのお店への来店を決める利用者は多いです。約4割のユーザーがクーポンの使用を目的に訪問する可能性があるのなら、店舗側はその心理を上手に利用すべきだといえるでしょう。アンケートのデータベースである「MyEL」を使って「MyVoice」が行った調査では、「特売、セールに関する情報」に続いて、クーポンやポイントの存在が来店の理由第2位となっています。つまり、クーポンは再来店リピート率向上に大きな戦略の1つと言えるでしょう。

 

クーポン集客

(参考:https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=21809

 

4

4.どんなクーポンが効果的なのか?

 

前述で述べたように、

・期間限定クーポン
・曜日、日時限定クーポン
・誕生日クーポン
・初回限定クーポン
・ターゲット別配信クーポン
(女性・学生・リピーターなど特定のユーザーにしぼったもの)
・会員限定VIPクーポン
(前回の利用から○○日以内の再来店時のみ)
・商品限定クーポン
・雨の日クーポン など

 

クーポンには多く種類がありますが、ただクーポン内容を決めただけででは、ユーザーを獲得することができません。いかに利用者が使いたくなるクーポンであるか、確実にお客様にクーポンを届ける必要があります。主に、紙媒体のものとインターネットサイトを利用した電子媒体のものがあります。どちらも利用者にとってやや使いづらいスタイルという共通点があるのです。

紙は切り取ったり印刷したりといった手間がかかり、利用するまでに多少の労力が必要となります。忘れたら使えない点もネックで、ユーザーにとって負担になりやすいという欠点が見受けられるでしょう。インターネットサイトを経由して配布する電子クーポンも、利用する側が能動的に探さなければいけないというデメリットがあります。ページをブックマークしたりクーポン番号を控えたりといった作業は、小さいけれど確実な煩わしさとなってユーザーに負担を強いるでしょう。

さらにサイトへの登録などが重なれば、クーポンを快適に利用してもらうことは難しくなります。旧来では当たり前のものだったこれらのスタイルは、スマホが普及した現代では避けるべき対象となってきているのです。

 

5

5.上手なクーポン活用を目指すのなら圧倒的に自店の専用アプリがおすすめ

 

お店のクーポンを有効活用してもらうには、紙やインターネットサイト以外の、自店の専用アプリのプッシュ通知で配布を行うことが重要になります。クーポン付与のプッシュ通知は、店舗アプリの平均開封率では35%と高い数値を誇ります。アプリならプッシュ通知やタップによる簡単アクセスによって、クーポンを手軽に取得させることができるからです。

また、これまでクーポンを面倒に感じていたユーザーも、アプリならクーポンを忘れたり失くしたりすることもないため、利用者に余計な負担をかける必要がなくなるからです。店頭に来てから「アプリのクーポンをお持ちですか?」と声をかけることも可能となるので、さまざまな角度からクーポンの存在をアピールできるのです。そこで、自店の新規顧客・既存顧客もアプリに誘導できます。

では、アプリでどのようなクーポンが可能になるのか、一部ご紹介いたします。

 

<アプリで可能となる運用方法>

・誕生日クーポンを自動プッシュ通知で配布
・リアルタイムでクーポンの付与が可能
・クーポン付与の代わりにアプリそのものをダウンロードしてもらえる(初回ダウンロード限定クーポンのプレゼントなども可能)
・アンケートに答えてクーポン付与といったキャンペーンの実施
・アプリゲーム(おみくじ・スクラッチなど)に勝って、クーポンプレゼント
・セグメント別クーポン付与(来店の多いVIP顧客限定・女性限定・最近来店されていない顧客限定など)
・店舗の近くにいる人に今すぐクーポン配信
・時限タイマー付きクーポン
・よくライバル店に行っている顧客だけに、クーポン配信
・枚数限定クーポン
・「どのクーポンが人気なのか?」といったリアルタイム効果検証が可能 など多数

 

このような、リアルタイム配信クーポンをアプリで行うことで、さらに以下のような効果に期待できるでしょう。

 

<そこから期待できる効果>

・新規顧客の開拓
・来店回数の増加
・口コミによる広がり
・アプリの来店効果で店舗売上アップ
・お店の認知度のアップ

 

常的に使いやすいアプリであればこれらの効果はさらに高まります。何よりもスマホアプリは一度インストールしてもらえれば、継続して使われやすいという利点があります。自然とお店のリピーターとなりやすい環境を作れるので、新規⇒常連という流れを確立しやすくなるでしょう。

6

6.まとめ

 

店舗経営・オーナー・企画販促の方は、常に新しい客層を捉え、お店の利益につながるような工夫をしていかなければなりません。自店の専用アプリを使ったクーポンの配布は、今ではごく普通のことです。導入されていない店舗は、お気軽に店舗アプリにお問合せください。アプリのクーポン配布に最適なご提案からまるごと運用代行まで提供させていただくことが可能です。

弊社では、国内最多の5100店舗以上、アプリ数680以上の飲食、美容、カフェ・居酒屋・スーパー・レストラン・ショッピングモール・家電・小売店・カラオケ・美容室・サロン・アミューズメントなど成功実績多数ございます。

お気軽に無料相談からお問合せくださいませ。

店舗アプリお問い合わせURL:http://tenpoapp.com/inquiry-apps/