スマホで集客する時代!LINE@と専用アプリ集客、どれを選べばいい?【答えアリ】

このブログは、店舗経営・企画販促の皆様のスマホ集客の販促に関して、「LINE@か、専用アプリか?」の本当の価値ある手法などを記載させていただきます。

飲食店・美容室・スーパー・ドラックストア・小売店・アパレル・など様々な店舗経営・企画販促の方、「LINE@か、専用アプリか?」どちらに注力すべきか、両方するべきか、お悩みが絶えませんよね?

昨今では特に、若年層を中心にSNS「Twitter」、「instagram」、「facebook」など、重要な販促ツールになっていますよね。

店舗経営に大切なのは、ご存知のとおりです。「利益を出す」
「利益」を出すための販促と一言で言っても様々な方法が存在します。

今回は、「LINE@か、専用アプリか?」違いの背景やそれを前提にした「では、どう店舗経営に大切な利益を出すのか?」をご説明いたします。


目次

・スマホで集客するなら「LINE@」か「自社専用アプリ」答え。
・「LINE@」と「自社専用アプリ」の機能と、機能拡張性
・「LINE@」と「自社専用アプリ」のメリット・デメリット
・「LINE@」と「自社専用アプリ」の導入後の店舗の既存販促コストダウン
・まとめ

 

スマホで集客するなら「LINE@」か「自社専用アプリ」答え。

ずばり「自社専用アプリ」です。

機能面やデザイン性・ブランディング等「自社専用アプリ」でしかできないことが多数あります。
LINE@と自社専用アプリを比較しながら自社専用アプリがなぜ集客に繋がるのか次から説明していきます。

「LINE@」と「自社専用アプリ」の機能と、機能拡張性
自社専用アプリ LINE@
ダウンロード手法 店頭告知、ストア、WEB 店頭告知、WEB
クーポン
誕生日クーポン ×
スタンプ
プッシュ通知
専用アイコン ×
バッチ通知 ×
アンケート機能
セグメント配信 ×
近くにいる人に配信 ×
顧客データ資産 ○(一部)
ポイントカード連携 ×
会員データ連携 ×
予約 ×
店内オーダー連携 ×
デジタルサイネージ連携 ×
店外からの注文 ×
アプリ決済 ×
AI見込み客へのオート配信 ×
オムニチャネル ×

このように機能が限定されているLINE@に比べ自社専用アプリでは様々な機能を実装することが可能です。それぞれの業種によって求めている機能は異なります。
自社専用アプリですとお客様が求める機能を実装することができ、より効果的な集客を行うことが可能になっています

「LINE@」と「自社専用アプリ」のメリット・デメリット
自社専用アプリ LINE@
デザイン 自由にデザイン テンプレート
ブランディング 自社専用アイコン
スマートフォンの特等席を確保
LINE@のアイコン
機能拡張 可能 不可能
顧客データ資産 幅広い顧客会員データを取得
資産活用可能
LIENの資産

ここで一番重要なのは「自社専用アイコン」を設定できるという点です。
1日あたりのスマートフォンの利用時間は3時間7分(2018年3月現在)で前年より16分増加しています。(引用:ニールセンデジタル)
これからもスマートフォンの利用時間は増えていくと考えられる中、スマートフォンのTOP画面に「自社専用アイコン」が配置されるということは強いブランディングとなります。

LINEの中のメッセージアイコン」か「自社専用アイコン」か。
どちらがユーザーの強い印象を残すことができるかは明らかです。

「LINE@」と「自社専用アプリ」の導入後の店舗の既存販促コストダウン
自社専用アプリ LINE@
DM 不要もしくは配信数削減 不要もしくは配信数削減
メルマガ 不要もしくは配信数削減 不要もしくは配信数削減
クーポン印刷 不要 不要
スタンプカード印刷 不要 不要
アンケート回収分析費用 不要 変わらず
チラシ 不要もしくは配信数削減 変わらず
会員証 不要 変わらず
パンフレット印刷 不要 変わらず
ポイントカード 不要 変わらず

自社専用アプリを活用することにより販促コストの削減を行なっていくことが可能です。
特にチラシをアプリから配信することで印刷コストを抑えることができることはもちろん、ユーザーがいつでもどこでもチラシを確認することができるため来店効果にも繋がります。
また、クーポンや会員証を自社専用アプリにて実装することでデータとして数値を蓄積されていくためマーケティングにも役立てることが可能になります。

まとめ

このような「LINE@と専用アプリ」違いの背景より店舗経営において、今後末永くお客様と店舗のコミュニケーションツールとしてだけでなく、店舗のブランディングイメージと、デジタルの専用アプリの機能優位性を活かし、既存の販促費のコストカットすることで、営業利益を10%を高めつつ今後の来店したお客様を再来店していくためのこれから注力していくものは、「LINE@か、専用アプリか?」その答えは、もう明確に出たのではないでしょうか。

すでに、大手企業のマクドナルドやスターバックスなども積極的なクーポン配布や会員連動を行い集客やアプリ内決済(キャッシュレス化)を進めています。

・マクドナルド
豊富なクーポンでマクドナルドの利用がお得
ダウンロード数:4,200万ダウンロード(推定)

・スターバックス
「スターバックスカード」を持ち運ばなくてもアプリでお会計が可能
ダウンロード数:180万ダウンロード(推定)

・ケンタッキーフライドチキン

「チキンマイル」の保有数による「ステージ」に応じたクーポンなどの特典が受けられる
ダウンロード数:250万ダウンロード(推定)

・ニトリ

会員登録が簡単にでき現在のポイント・失効ポイントが一目で照会可能
ダウンロード数:300万ダウンロード(推定)