O2Oとはどんなもの?事例でわかるオムニチャネルとの違い

O2Oとはどんなもの?

[記事の要約]

・O2Oの概要やよく似た使い方をされるオムニチャネルとの違いについて解説

・O2Oはオンラインとオフラインを連携させて購買活動を促進させるためのマーケティング施策

・O2Oはクーポンを使った施策や新規顧客獲得との相性がよく、比較的低コストで即効性のある施策を実施することができる

・オムニチャネルはオンラインとオフラインの区別をつけずシームレスかつ便利な購入体験を提供すること

・オムニチャネルは徹底したユーザーフレンドリーによって、「便利でしかも楽しい、またここで買いたい」と思わせること

記事の参照元:https://orenocloud.tokyo/cloudinfo/useful/DifferenceOfO2OandOmnichannel.html

店舗アプリ コンサルタントより

 こちらの記事で定義されているO2Oとオムニチャネルの中核を担うのはやはりスマートフォンの自社アプリです。

 O2Oの「オンラインからオフラインへの顧客誘導」では過去の利用履歴や位置情報でお客様にとって有益かつ適切なタイミングでプッシュ通知を配信することで店舗へ誘導できている事例が多くございます。

 オムニチャネルの「顧客に購買チャネルを意識させない販売戦略」に関しましても各チャネルと自社アプリを連携することでアプリがポータルとなりそれぞれのチャネルにアクセスできる、どのチャネルからもアクセスができる、チャネル間のアクセスが可能になります。

 弊社が提供しております店舗アプリではご希望に応じて様々なシステムと連携できますので、アプリを中核にO2O/オムニチャネル戦略をお考えの方はお気軽にお問合せくださいませ。