セブン&アイ、2つのデータ戦略始動 アプリとビッグデータ共有

セブン&アイ、2つのデータ戦略始動

[記事の要約]

・アプリで1日2300万人の実店舗来店客ごとの購買情報を収集

・スマホ画面上に表示されるバーコードをレジで提示すると、商品の購入実績が蓄積されていく。購入額に応じた特典を用意し、優良顧客を囲い込む

・ネットと実店舗で顧客情報を一元管理する。グループ内でのあらゆる購買データから個々の消費者の細かい好みを把握し、個別に商品を提案して売り上げ拡大につなげる

・異業種のデータと連携することで、自社だけでは見えなかった消費者ニーズを発見し、新たな事業につなげたい考え

記事の参照元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31265340R00C18A6HE6A00/

店舗アプリ コンサルタントより

 アプリとビックデータを共有する動きはどんどん広まっています。今回は異業種10社が参加し各社のビックデータを繋げることで自社だけでは見えない消費者のニーズを見つけることが新たな取り組みとして紹介されています。

 店舗アプリでは来店者の居住や他の競合店への来店動向分析が可能なサービスをご用意しております。
競合店に行く人に特別にクーポンを付与し、顧客を呼び戻すといったことも可能です。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください。