AIが小売業を変える3つのソリューション ― AIによる販促支援から需要予測まで

[記事の要約]

・過去の販売実績や当日の天候などを踏まえて、AIが最適な商品の数を算出して商品切れによる機会損失や廃棄商品の減少を実現。さらに発注作業にかかる手間や時間が大幅に削減された、

・映像データから自動で顧客を認識し、店内でどのような導線を辿りながら、購買行動をとっているかがデータとして把握。顧客の心理的な側面までを可視化することで店舗内の導線作りや商品レイアウト、プロモーション活動などに幅広く役立てる

・カメラの映像データから混雑予測をするおとができる。この混雑状況を顧客に対してアプリやSNSなどでリアルタイムに通知すれば、混雑が少ない時間帯を埋めるプロモーション活動にも役立てられる

・小売業でAIを導入する場合、非常に応用範囲が広いため、まず「AIを使ってなにがしたいか」を決めることが重要

[参照元]https://www.optim.cloud/blog/use-case/3-solutions-that-change-retail/