初心者でもAndroidアプリを開発できる!店舗アプリProをご紹介!

Webマーケティングを考える上で、スマホは今や無視できない存在になっています。
総務省の発表している「情報通信白書令和元年版」では2018年度スマホの世帯保有率は約79%と、パソコンの約74%、固定電話の約64.5%を上回っています。

スマホは肌身離さず持って1日に何回も画面を見る方が多いので、店舗のタッチポイントとして大変魅力的なツールです。
スマホ向けのアプリを制作してお客様にダウンロードしてもらえば、自店舗のリピーター創出などを行って収益向上が狙えます

最近「Android」スマホが日本国内でもシェアを伸ばしており、Android向けのアプリを作ると日本にも海外にも効率よくリーチできる状況になっています。
ただしAndroidアプリ制作を行うには、かなりの手間とコストが掛かります。

手間やコストを両方省けておすすめなのが、アプリ制作サービスです。

今回はAndroidアプリを開発したいと考えている方向けにAndroidアプリの開発工程や外注の場合掛かるコストや時間、そして初心者でもAndroidアプリを低コスト開発できる弊社サービス「店舗アプリPro」を分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

1

Androidアプリ制作にかかわる工程

 

Androidアプリ制作には、次のような工程がかかわってきます。

1.アイデア出し・要件定義を行う
2.アプリを実際に開発する
3.アプリをテストしてバグなどがないか調べる
4.審査に出して通過を待つ
5.アプリの成果分析を行う
6.バージョンアップや保守点検などを行う

 


1.アイデア出し・要件定義を行う
アプリにしろWebサイトにしろ、インターネット上のコンテンツにはまずアイデア出しと要件定義の工程があります。

集客手法をペーパーレスにして、コスト削減を行いたい
クーポンやセール情報などをリアルタイムで発信して、リピーターを増やしたい
顧客と常につながって、最終的にはロイヤルユーザーとして囲い込みたい

アイデア出しについては上記などをアプリ開発の目的として、目的を達成できるアプリの企画出しを行っていきます。

そしてどんなアプリを作りたいのか決まったら、細かい内容を「要件定義書」として作成していきます。

・どんな言語や開発環境を使ってアプリを制作するか
・どういった手順でプログラミングなどを行っていくか
・デザインはどうするか
・アプリ機能として何を搭載するか
・開発に必要な人員はどれくらいか
・どのくらいの期間で作成するか
・予算はどれくらいにするか

 

などを、作成するアプリに対して詳しく決めていきます。

アイデア出しと要件定義は、内製でも外注でも必要です。アプリ制作を行う場合は、スムーズにアイデア出しと要件定義ができるよう準備しておきましょう。

 


2.アプリを実際に開発する
どんなアプリを作りたいか、概要まで含めてはっきり決めたら次は実際の開発に入ります。

・Java・・・従来Androidアプリ制作で主流だった、関連のライブラリも多い
・Kotlin・・・Javaと同じく、Google認定のAndroidアプリ開発言語になっている新言語
・JavaScript・・・フロントエンド言語、Webサイトにも使われておりシンプルな作り
・C言語・・・歴史の古い言語、プログラムが高速動作する
・Python・・・シンプルなプログラム構成で、フィンテックなどで活用されている
・Ruby・・・日本発の言語、シンプルなプログラム構成でメンテナンスなどもしやすい

 

Androidアプリを作成する場合は、上記などの言語があります。

目的に応じて利用する言語は変わってくると思いますが、相性やメンテナンス性の問題などで初心者が複数言語を同時に一つのアプリに使うのはおすすめできません。できれば一つの言語に絞りたいところです。

・Java
・Kotlin

 

Androidアプリの中でも特に上記2つは人気があり、互換性もあります。

ですからAndroidアプリを作りたいと思う場合は、まずこの2言語の学習を進めておいたほうがよいでしょう。

ただしプログラミング言語の学習には、それなりの時間が掛かります。

プログラミング初心者だと

・プログラミングの構造など、基礎を理解する
    ↓
・学習している言語の特徴や書き方などをマスターする
    ↓
・エラーにも対応しながらプログラムをカスタマイズ、自主制作するスキルを獲得する

 

までにかなり時間が掛かるでしょう。

プログラミングスクールを利用して短期間で言語をマスターする方法もありますが、本格的に利用すると数十万円ほど費用が掛かる場合も多いです。だからといって自主学習でコストを削減するにしても、時間が掛かります。

この工程が、アプリ制作の中で最も大きい関門になると言ってもよいでしょう。

 


3.アプリをテストしてバグなどがないか調べる
アプリ開発が一通り終わったら、次はアプリにバグがないかどうか調べます。

アプリは「アジャイル開発(アプリ開発→リリースをこまめに繰り返す開発方式)」が多いですから、こまめにアプリバグを洗い出して未然に対応する姿勢が必要不可欠になります。

気をつけないといけないのは、アプリ動作を検証する環境です。

アプリでは、ターゲットユーザーがどんな機器を使って操作をするか分かりません。
特にAndroidアプリの場合は、さまざまなAndroidスマホが対象になります。

Androidは「オープンソース」なので、各メーカーがカスタマイズを行って各モデルに搭載しています。
ですから「同じAndroidバージョンのはずなのに、機器が違うと動作しない」という現象などが発生する可能性があります。

このためアプリのターゲットユーザーが使うと思われるAndroidスマホで実機検証するのが一番ですが、自店舗で用意できる端末は限られています。
クラウドサービスで実機検証する方法などがよく使われますが、ある程度の費用は掛かります。

少しでもバグがあると「この店舗のアプリは使いにくい」と思われ、ダウンロード数が減少するばかりか店舗の信頼性まで下がってしまいます。

多少コストが掛かってもターゲットユーザーが使う端末で検証を行い、バグが起こらないか検証しておくのは必須です。

 


4.審査に出して通過を待つ
バグをつぶしてアプリがリリースできる状態になったら、次は「Google Play」にアプリ審査依頼を掛けます。

「Googleディベロッパー」というGoogle Playアプリ開発者向けアカウントを作成し、審査作業を行っていきます。

Androidアプリの注意事項をよく確認し、審査に引っかからないように注意しましょう。

Androidアプリの審査は、「iOS」アプリに比べて緩いことで知られています。
最近はウイルスアプリの締め出しなどのためにGoogle側でも審査を強化していますが、それでも「App Store」の審査よりはるかに楽です。早ければ、数日程度でGoogle Playにアプリが公開されます。

時間指定公開を利用すると、アプリのリリースタイミングを調整できます。
「アプリを早めに制作したが、リリース時期を変更したい」という場合は、ぜひご覧ください。

 


5.アプリの成果分析を行う
アプリをリリースした後は、実際にアプリで販促効果が出ているかなどを分析ツールで確認していきます。

アプリはマーケティングツールの一つであり、リリースしたら終わりではありません。
むしろリリース後にしっかりした対応が取れるかが、アプリマーケティングが成功するかしないかの分かれ目になります。

成果を確認する際は、ダウンロード数だけを見ないように注意しましょう。

アプリが成功しているか確認するためについダウンロード数を重視しがちですが、いくらダウンロードされても使われていなければ意味がありません。

・アプリのアクティブ率(1日や1週間、1ヶ月などの期間でどれくらい使われているか)
・アプリの平均利用時間はどれくらいか
・アプリの立ち上げ回数はどのくらいか

 

ダウンロード数だけでなく、上記のように実際にアプリが使われているかを指標を追ってツール内で確認していくのが重要です

また使用感に関するレビューはアプリ改善の参考になるので、悪い意見も含めてしっかり確認しておきましょう。

参考になったレビューはリプライを返すようにすると、レビューを開発側が確認していることがユーザーからも分かり信頼性が高まるでしょう。

 


6.バージョンアップや保守点検などを行う
上記のようにアプリの自主制作には複数の工程があり、かなりの時間が掛かります。

プログラミングスキルがなければ、フルスクラッチ(一からプログラミングしてアプリを制作する)で自主制作するのは困難です。

Androidアプリの自主制作が難しい場合は、外注を行い制作を代行してもらう方法もあります。
ただしその場合、コストや時間をよく考えて依頼をしないといけません。

アプリの種類により外注費用は変わります。たとえばゲームアプリの場合、規模や機能によっては数千万円することも少なくありません。

店舗アプリの場合はゲームアプリより費用はかなり抑えられますが、それでも開発費だけで数百万は掛かってきます。
そして運用や保守点検まで代行してもらうと、さらに費用がかさんでくるでしょう。

予算を割けないようであれば、外注は難しいです。

また開発期間は外注先の人員や体制などで大きく変わってきますが、フルスクラッチだと半年~1年ほどリリースまでに時間が掛かる可能性があります。

「早めにアプリを出したい」という場合は、リリース期間の短い外注先をしっかり選定する必要があります。

 

2

Android外注に掛かるコストや時間

 

上記のようにアプリの自主制作には複数の工程があり、かなりの時間が掛かります。プログラミングスキルがなければ、フルスクラッチ(一からプログラミングしてアプリを制作する)で自主制作するのは困難です。

Androidアプリの自主制作が難しい場合は、外注を行い制作を代行してもらう方法もあります。ただしその場合、コストや時間をよく考えて依頼をしないといけません。

アプリの種類により外注費用は変わります。たとえばゲームアプリの場合、規模や機能によっては数千万円することも少なくありません。

店舗アプリの場合はゲームアプリより費用はかなり抑えられますが、それでも開発費だけで数百万は掛かってきます。そして運用や保守点検まで代行してもらうと、さらに費用がかさんでくるでしょう。

予算を割けないようであれば、外注は難しいです。

また開発期間は外注先の人員や体制などで大きく変わってきますが、フルスクラッチだと半年~1年ほどリリースまでに時間が掛かる可能性があります。「早めにアプリを出したい」という場合は、リリース期間の短い外注先をしっかり選定する必要があります。

 

3

3.初心者でもアプリ制作できる!店舗アプリProとは

 

自主制作でも外注でも、アプリ開発にはそれなりのコストや時間が掛かります。中小規模の店舗で店舗アプリが広まってこなかったのも、こういった要因が大きく影響しています。

しかし現在では、「アプリ制作プラットフォーム」というサービスが登場しています。

アプリ制作プラットフォームを使うとプログラミング知識が乏しくても簡単に、そして低コストでアプリを作成できます。
最近では、自店舗用に見た目をカスタマイズできるサービスもあります。

弊社「店舗アプリPro」も、アプリ制作プラットフォームです。

店舗アプリProを使えば、次のようなメリットが受けられます。

 

・専門知識がなくても自由に制作できる
・PWAも一括作成可能
・分析が可能
・アプリ制作や保守管理に関するサポートが充実
・低コストでのアプリ制作が可能

 


専門知識がなくても自由に制作できる
店舗アプリProでは、シンプルな管理画面デザインを採用しています。

初心者でも直感的に、専門知識なしでアプリ作成が可能です。

作成状況はプレビュー可能で、不具合がないかなどを簡単にチェックできます。

・画像スライダー
・アンケート画面
・プッシュ通知
・クーポン配布
・スタンプカード

 

また、上記のような50種類以上の機能から必要なものを選んでアプリに実装できます

 


PWAも一括作成可能
最近は、進化型のWebアプリケーションである「PWA」も注目を集めています。

・プッシュ通知の配信
・プリキャッシュ機能によるオフライン読み込み
・アイコンのホーム画面への簡単な追加

 

PWAはWebサイトベースでありながらプログラムによりネイティブアプリ(AndroidアプリやiOSアプリなど)に近い挙動を実現しています。

Webサイトとしても機能するPWAを用意できれば、将来的にマーケティングでも大変役立つはずです

店舗アプリProは、PWAの作成にも対応しています。
1つの管理画面でアプリもPWAも同時に更新できるので、別々にコンテンツを作成する手間が省けて便利です。

 


分析が可能
店舗アプリProでは、分析機能も用意されています。

・属性比率
・OS比率
・月間利用者数
・プッシュ配信開封率
・スタンプ利用数

 

などを確認して、マーケティングに役立てられます。

また「Googleアナリティクス」と連携を行い、さらに細かい項目を分析したりもできます。

 


アプリ制作や保守管理に関するサポートが充実
店舗アプリProは、ただサービスを提供するだけではありません。

プロのスタッフが、お客様のアプリ制作や保守管理などを強力にサポートいたします。

・アプリデザイン制作
・Googleフォームとアプリの連携
・アプリストア申請

 

など、通常でもさまざまな作業をサポートさせていただきます。

・アプリダウンロード数アップのためのプラン立案
・集客効果向上のためのコンサルティング
・アプリ分析レポートの作成

 

さらに有料の「プレミアムサポート」に申し込むと、上記のようなアプリ運用を成功させるための各種サポートを追加で行わせていただきます。

気になる方はぜひ、詳細をチェックしてみてください。

 


低コストでのアプリ制作が可能
店舗アプリProは、今までアプリ導入ができなかった店舗様でも低価格でアプリ制作が可能です。

店舗規模やオプション内容などで、価格は変動します。

気になる方はぜひ、弊社へお問い合わせください。

 

4

まとめ

 

今回はAndroidアプリの制作に掛かる工程や外注する場合のコストや時間、そして店舗アプリProのご紹介をしてきました。

Androidアプリを一から作成すると、膨大な手間とコストが掛かります。リリースした後も運用を成功させる必要があり、ハードルが高いと思われる方も多いでしょう。

店舗アプリProを使えば、プログラミングに詳しくなくても簡単にアプリ制作が可能です。
また運用に関しても、サポート体制が整っているので安心です。

コストも抑えられるので、気になる方はぜひお問い合わせを宜しくお願い致します。

店舗アプリお問い合わせURL:http://tenpoapp.com/inquiry-apps/