プリペイドカードアプリでキャッシュレス

2019年10月1日から、ついに税率が現在の8%から10%に引き上がります。しかし単に税率が上がるだけでは、日本国民に負担がかかるだけです。そこで日本政府は景気の冷え込みを防ぐために、「軽減税率」や「キャッシュレス還元政策」などの対策を取ろうとしています。

特にキャッシュレス還元政策は一部商品の税率を現在の8%に据え置く軽減税率との併用ができるので、むしろ現在よりお得にお買い物ができる可能性があります。しかし「キャッシュレスに必要なクレジットカードなどを持っていないので、恩恵を受けられない・・・」と思っている方もいらっしゃると思います。

そんな方も心配はいりません。「プリペイドカード」ならばクレジットカードのような審査もいらず、簡単に発行できます。また無駄遣いを防げるなど、クレジットカードにはないメリットもあります。そしてプリペイドカード自体をアプリで利用すれば、スマホだけで簡単に決済が完了します。

今回はプリペイドカードとは何か、そしてアプリで利用する場合との違いやメリット、実際に活用されている事例などもご紹介していきます「プリペイドカードの定義が自分の中であいまいなので、詳しく知りたい」、「プリペイドカードを発行すると、どんなメリットがあるのか知りたい」という方はぜひ最後までお読みください。

 

 

1

1.プリペイドカードとは

 

プリペイドカードとは、「プリペイド(前払い式)」のキャッシュカードです。ユーザーはお買い物前に残高としてマネーのチャージを行うことで、プリペイドカードを決済に利用できます。プリペイドカードには、次のようなメリットがあります。

・使い過ぎの心配がなく発行しやすい

・ポイントが貯まって便利

・現金よりもスムーズに決済できる

 

使い過ぎの心配がなく発行しやすい

クレジットカードでは決済利用時、まずクレジットカード会社が肩代わりしてお買い物にかかった金額を払ってくれます。そして月単位などで肩代わりした金額を、ユーザーの銀行口座から引き落とします。この際銀行口座にお金がないと集金ができないので、クレジットカード会社とユーザーの間でトラブルが発生してしまいます。また銀行口座にお金がない場合も支払いができるので、無駄遣いする可能性もあります。

プリペイドカードはその名の通り、使いたい金額を前もってチャージしてから利用します。プリペイドカードの残高が決済金額未満の場合、支払いができません。 ですから家計の管理が簡単で、無駄遣いする心配もありません。クレジットカード会社とのトラブルも防げますし、何より審査が特に必要ないので学生でも簡単に発行できます

このように使い過ぎの心配がなく、発行しやすいのがプリペイドカードのメリットです。

 

ポイントが貯まって便利

プリペイドカードでは、各契約会社が指定したサービスのポイントが貯まります。普段使いするだけで、どんどんポイントが貯まって便利です。

キャッシュレス政策施行後は、極端な話お買い物時に「キャッシュレス還元政策のポイント+プリペイドカード利用時につくポイント」が二重に貯まってかなりお得です。現金払いしかしたことがない方には、ぜひプリペイドカードを発行して利便性を確かめてみてほしいです。

 

現金よりもスムーズに決済できる

プリペイドカードはキャッシュレス決済の一つです。ですから当然現金で支払うよりもスムーズに決済できます。 具体的に言うと、現金支払いのときはお札だけでなく、小銭までお財布から出さなくてはならないなど、余計な時間がかかります。これをプリペイドカード決済に置き換えれば、専用リーダーにプリペイドカードを通すだけで簡単に支払いが済んでしまいます

またプリペイドカードはクレジットカードブランドが他企業と提携して発行したりしているので、クレジットカードと同じように利用可能範囲が広いです。どこでも手軽に決済を済ませられるのも、プリペイドカードのメリットです。

さらに店舗側でもプリペイドカードを導入すれば決済時間が短縮され、簡単に決済できるようになるので、回転率向上にもつながりますし、従業員の負担も減ります

 

2

2.プリペイドカードとプリペイドカードアプリの違い

 

プリペイドカードはクレジットカードと同じキャッシュカードの一つなので、お財布からいったん出してから利用します。しかしプリペイドカードアプリを使うと、その必要さえなくなります。プリペイドカードアプリは言ってしまえばプリペイドカードをデジタル化してアプリから表示できるようにしたサービスで、たくさんのプリペイドカード会社が導入しています。

その特性上、プリペイドカードを持っていなくてもWeb上で申込みをすべて完結させることができ、アプリだけでプリペイドカードを利用できます。またプリペイドカードと連携させて使うと、アプリに対応していない場所ではプリペイドカードを使い、アプリ対応の場所ではアプリでサッと支払うなど、臨機応変に支払えます。

現在トレンドなのが「QRコード決済」です。QRコード決済はアプリ画面から表示させたQRコードやバーコードを読み取る(ストアスキャン方式を使う)ことで決済を完了できます。QRコード決済だとわざわざキャッシュカードを手元から出す必要すらありません。

プリペイドカードアプリを使えば、QRコード決済のようにQRコードやバーコードを画面に表示するだけで決済が完了します。プリペイドカードよりさらに利便性が高くなるので、プリペイドカードしか持っていない方にもおすすめです。

また自店舗アプリを制作して、その自店舗アプリの中で自店舗独自のプリペイドカードをデジタルで発行することもできます。この方法だと自店舗専用のロイヤリティプログラム(ポイントカードやスタンプカード制度など)と併用できる上に、さまざまなメリットがあります。詳しくはこれから説明します。

 

3

3.プリペイドカードアプリにすることでこう変わる

 

プリペイドカードアプリには、どのようなメリットがあるのでしょうか。今からユーザー側と店舗側に分けて説明していきます。

ユーザー側には、次のようなメリットがあります。

・お店で入金しなくてもよい

・カードを持ち歩かなくてよい

・チャージ履歴が残り、会員ランクアップもできる

 

お店で入金しなくてもよい

プリペイドカードは、残高が足りない場合やなくなった場合、お店で現金を店員に渡して、渡した分の金額をチャージしてもらうなどの手間がかかります。普段使いされる方にとって、チャージの手間はなるべくかけたくないものです。

プリペイドカードアプリを利用すると、お客様はお店で入金しなくても、アプリと紐づけたクレジットカードなどから必要なときにいつでもお金をチャージできます。プリペイドカードアプリより簡単にチャージできるのが、プリペイドカードアプリのメリットです。

 

カードもち歩かなくてよい

プリペイドカードは、お財布の中に入れて持ち歩きます。しかしお財布の中にたくさんのポイントカードなどが入っている場合、出す手間すら面倒くさい、と思うお客様もいらっしゃいます。プリペイドカードアプリを利用すると、お客様は普段持ち歩いているスマホだけで決済を完了できます。カードを持ち歩かなくてよい分紛失の心配も減りますし、お財布から出すよりもさらに簡単に決済できます。

お客様の使い勝手の点から考えても、プリペイドカードアプリにはメリットがあります。

 

チャージ履歴が残り、会員ランクアップもできる

プリペイドカードアプリには、チャージ履歴が残ります。ですから細かく家計の管理をしたいときにも、「今月はこのくらいチャージした」などを参考に、出費計算もできます。

またチャージ金額や決済金額などを条件に、会員制度を設けてランクアップなどの仕組みも作れます。会員制度などがあると、お客様は会員ランクアップを狙って自店舗に来店してくれやすくなるので、リピーター創出に効果的です

 

店舗側では、次のようなメリットがあります

・ユーザーごとにアプリ経由で通知を出せる

・プリペイドカードの利用率が上がり、リピーターを作りやすい

・チャージカードの新規発行コストがなくなる

 

ユーザーごとにアプリ経由で通知を出せる

プリペイドカードアプリは、自店舗アプリ内でも提供できます。自店舗アプリの機能は、プリペイドカードだけではありません。プッシュ通知などの仕組みを併用すると、集客効果がさらに上がります。プッシュ通知では、さまざまな通知をリアルタイムで発信できます。例えばプリペイドカード還元率5%アップセールを開催したいという場合は、「プリペイドカード還元率5%アップセールのお知らせ」と銘打ってプッシュ通知を出せば、お客様が集まってくれます。

さらにユーザーの属性に合わせて通知を出せるので、プリペイドカードの使用金額が高いお客様には、「指定金額以上のお買い物で20%残高還元」などの通知を送れば、自店舗の「ロイヤルユーザー(自店舗と関係の濃いリピーター)」になってくれる可能性が高まります。

 

プリペイドカードの利用率が上がり、リピーターを作りやすい

先ほども言ったように、プリペイドカードアプリは使い勝手がよいです。そして単なるプリペイドカードよりも、お客様の利用頻度が高まりやすくなります。

お客様の利用頻度が上がると、お客様は自然に自店舗に何度も来店してくれるようになります。そしてリピーターとして囲い込みやすくなります。このようにプリペイドカードよりもプリペイドカードアプリの方が、集客効果を高められます

 

カードの新規発行コストがなくなる

現在ではプリペイドカードを安く自店舗で発行できるサービスも登場しており、今までプリペイドカードを発行できなかった小規模の店舗でも導入が進んでいます。しかしカード発行費用はかかるので、コスト的に導入を足踏みしているところもまだあるでしょう。

自店舗アプリの中にプリペイドカードを表示できるようにすれば、プリペイドカードを物理的に用意する必要はありません。新規発行コストがなくなるので、「プリペイドカードを発行するのはカード代がかかるから、導入しにくい・・・」といった店舗でも導入しやすいです。

 

4

4.プリペイドカードアプリ活用事例

 

ここからは、プリペイドカードアプリの活用事例をご紹介していきます。

・スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

・ドトール バリューカード(DVC)アプリ

 

スターバックス ジャパン公式モバイルアプリ

コーヒーチェーン大手「スターバックス」では、「スターバックスジャパン公式モバイルアプリ」を提供しています。

スターバックスではプリペイドカード「スターバックスカード」も提供しており、スターバックスジャパン公式モバイルアプリにスターバックスカードを登録できます。登録すると「Starbucks Rewards」というロイヤリティプログラムに参加して、コーヒー豆や飲み物などと交換できるチケットを獲得できたりします。またスターバックスジャパン公式モバイルアプリからバーコードを表示して、プリペイドカードアプリとしても利用できるようになります。

スターバックスジャパン公式モバイルアプリの魅力はこれだけではありません。最寄りの店舗を検索したりと他の機能も利用できますし、最近では「Mobile Order & Pay」という新機能も追加されました。Mobile Order & Payではアプリから事前予約を行うことで、店舗で指定時間にレジに並ばず商品を受け取れます(対象店舗は順次拡大予定)。

あなたの店舗でもプリペイドカード機能だけでなく、ロイヤリティプログラムなど他機能と連携させながら自店舗アプリを提供すれば、集客効果が高まります

プリペイドカードアプリ

 

ドトール バリューカード(DVC)アプリ

スターバックと同じくコーヒーチェーン大手の「ドトールコーヒー」では、「ドトール バリューカード(DVC)アプリ」を提供しています。

ドトール バリューカード(DVC)アプリでは、ドトールで提供しているプリペイドカード「ドトール バリューカード」を登録できます。そしてプリペイドカードアプリとして、スマホだけでドトールコーヒーのお買い物を済ませられます。またクレジットカードチャージが可能で、いつでもどこでも残高をチャージできるので便利です。

さらに会員登録時にお気に入りにした店舗からセールなどの通知が来るので、お得な情報を見逃さずに済みますし、「ご当地カードコレクション」というユニークな機能も搭載しています。ご当地カードコレクションではユーザーのスマホ位置情報からどの地域のドトールコーヒーにいるか特定して、指定地域の限定カードデザインをアプリでプレゼントするという機能です。コレクションできるというのはロイヤリティプログラムとしても効果的で、出張や観光の機会にドトールコーヒーに立ち寄ってくれるお客様の数も増やせます。

あなたの店舗でもドトールコーヒーのようにクレジットカードでチャージできる仕組みにすれば、簡単にプリペイドカードをチャージしたいお客様の要望をクリアできます。またご当地カードコレクションのような、ユニークなロイヤリティプログラムを提供するのも手です。

プリペイドカードアプリ

 

5

5.まとめ

 

今回はプリペイドカードアプリについて、プリペイドカードのそもそもの定義やメリット、活用事例なども含めてご紹介してきました。

プリペイドカードアプリはキャッシュレス決済の一つとして、導入すると政府から支援を受けられます。今後はプリペイドカードの導入店舗も増えていくでしょう。 そしてプリペイドカードをアプリで提供すれば、自店舗アプリの他機能と連携できて大変効果的です。この記事で気になった方は、ぜひプリペイドカード機能を含めた自店舗アプリの制作を検討してみてください。

弊社では自店舗アプリ制作サービス「店舗アプリ」を提供しています。プリペイドカード機能はもちろんのこと、プッシュ通知やポイントプログラムなどさまざまな機能を搭載したアプリをリーズナブルに制作いたします。ご興味のある方は下記リンクから弊社にお問い合わせをお願いいたします。

店舗アプリお問い合わせURL:http://tenpoapp.com/inquiry-apps/